<< 2009年 コタキナバル旅行 長い長い一日 | main | 2009年 コタキナバル旅行 一日目 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.01.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2009年 コタキナバル旅行 到着の日

JUGEMテーマ:旅行

2009年9月19日(土)

今日こそはコタキナバル!
早めに空港に着くべく行動開始です。

ワシントンホテル 朝ブッフェ

朝ご飯が一番おいしかった!
なので食べすぎ・・・。


 またもやトラブル  (長文なので興味の無い人は飛ばしてください〜)

コタキナバル行きの飛行機が11:10発→12:00発
(本当はこの50分だって惜しい)になり、
チェックインが10:00スタートとの事だったので
シルバーウィーク初日だし今日発の人と昨日発の人で混み合うだろううと
ホテルが用意している8:40発のシャトルバスで空港に向かいました。
ちなみにマレーシア航空が用意したシャトルバスは7:30発&9:30発。

今回の飛行機はコタキナバル経由クアラルンプール行きだったのですが、
どうやらクアラルンプール行きの方達はもっとずっと早い飛行機が用意されたそうです。
7:30発のシャトルバスは多分そちら用。

9:00に空港に着くともうチェックイン出来るそうで、既に長くなっている列に並びます。
無事チェックインも完了すると搭乗ゲートの集合時間が10:40となっていてびっくり。
空港が混雑するので早目の集合にしたそうで、それならばと快諾。
でも9:30発のシャトルバスで来る人は
空港についてチェックインをした時点でそのくらいの時間になると思われ。
その辺りも先をきちんと考えてないなぁと思っていたのですが。

12:00発の飛行機だったら11:40くらいからは遅くても搭乗スタートよねと待つも
アナウンスはかからず。
ゲート前で待っているとスタッフの女性に少し遅れるので
もう少し座ってまっていてみたいな事を言われたので渋々椅子に座って待つこと40分ほど。
おかしいなぁ。でもチェックインしたんだから飛行機飛ぶよねぇ。
でも一分でも早くコタキナバルに行きたいんだけどぉー!と若干イライラしていると

「飛行機の整備の為、17:00のフライトになります。」

とのアナウンスが。

乗客一斉に激怒。
搭乗ゲートには説明を求める人人人。

ワタシもこれには堪忍袋の緒が切れてしまい、直接航空会社に電話して保障を確認しようと
搭乗ゲートにいるANAの女性スタッフに「マレーシア航空の連絡先教えてください」
と尋ねると(関空ではなのか今回だけなのか、
マレーシア航空の地上での対応はANAに委託しているらしい)

「私どもには分かりかねますので各自WEBサイトから連絡先を調べてください。」

なんて言われましてー!
ハァ?!と思いましてー!

その後もANAの責任者(男性)が事情を説明し、
マレーシア航空の責任者の人も事情を説明し、
その二人が頭を下げている裏でニコニコ笑いながら話をしている女性スタッフに激怒。
ANAの男性に昨日からの態度の悪さを伝え、
責任者としてきちんと教育するようにお願いしました。
その後の女性スタッフはむやみやたらに笑顔を見せなくなりました。
おそいっつーの!

なんだか「だってこれANAじゃないしー、マレーシア航空のトラブルだしー」
「あーあ、こんな便の担当になってついてないなぁ、アタシ達」って態度がミエミエで
皆に迷惑をかけてるって事が全く人ごとな態度だったのです。

だから
「ANAさんがマレーシア航空のお手伝いをされてるとは思いますが、
窓口に立っているのはANAさんなわけだし、
彼女たちのお給料は私達が購入したチケット代から出ているわけでしょう?
もっと自分たちのお客様という誠意をもって対応するように教育してください。」
とクレームを入れたわけなのです。

その後マレーシア航空の支配人から賠償責任に関する文書が出て
(これも皆が怒って詰め寄ったから出たわけで、非常に対応が遅い)
一応騒ぎは落ち着きなんとか17:00に飛行機は飛ぶことになったわけです。


 やっと出発 

マレーシア航空 機内食

マレーシア航空の「機上での」サービスはとっても気持のいいものでした。
ご飯も今まで乗ったどの航空会社よりも美味しかったし!

飛行機より 夕暮れ

お昼の飛行機だったら見える予定じゃ無かった夕焼け。

飛行機より 夕暮れ

この龍の様な雲はたぶん雷雲。
この後あっという間に夜の闇に包まれました。

映画を観て、ゲームをしてと快適に過ごすうちに5時間のフライトは終了。
コタキナバルに着陸。


 空港からホテルへ 

コタキナバルに到着したのは現地時間夜9時。
空港は最近新しくなったそうでとてもきれいです。
独特の東南アジアのにおいも無かったです。

荷物を取って、2軒開いてる両替所の空いている方で両替。
多分混んでいる方がレートがよかったみたい。
1RM=¥30でした。
Yahoo為替で調べていたら、1RM=¥26くらいだったので
手数料を入れても¥28くらいかなぁと思ってたからちょっとがっかり。

ホテルまでは空港からタクシーに乗ろうと思っていたのでタクシー乗り場へ行き
タクシーに乗り込むとタクシーチケットが必要と言われる。
空港の両替所の並びにある「AIRPORT TAXI」で行き先を伝えて各々の値段を払ってチケットを受け取り、それをタクシーの運転手に渡すシステムなようです。
ちなみにシャングリ・ラ・タンジュンアルまでは30RM(約¥900)でした。
いくら空港タクシーとは言え15分も乗らないのに、物価と比較すると結構高いです。


 結婚記念日ディナーはルームサービス 

やっとホテルに到着〜。
チェックインして食事・・・と思ったらレストランのラストオーダーの時間も間近だったので
ルームサービスで軽く記念日ディナーとすることにしました。

が、これが結構なボリュームで!
ひとつで十分だったなぁ。

ルームサービス

Soto Ayam / RM37.00

チキンスープに肉団子と春雨と茹で卵ともやしが入ったスープです。
あっさりです。


ルームサービス

Mee mamak / RM39.00

マレーシアのインド風焼きそば豆腐と野菜とチキン入り。
と説明がありました。
エスニックなナポリタンといった感じでとても美味しかったです。
が、何せ量が多い。

私が止めなければ深夜近いってのにデコイチさんは完食していた事でしょう・・・。
危ない危ない。

結婚記念日の乾杯

シャンパンでも注文しようかーとか言ってたけど、
日本のレストラン並みのお値段だったのでMINI BARのビールで乾杯。
でもこのビールもRM23.00(約¥690)。
東南アジアなのにびっくり価格ですー。

眠気と闘いながらもスーツケースの荷物を片づけてお風呂に入って就寝。


スポンサーサイト


  • 2013.01.09 Wednesday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座