スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.01.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ウォラブリ プーケット リゾート&スパ

JUGEMテーマ:旅行


最後に今回お世話になったホテル情報を。

カロンビーチに行き先を決めてエアチケットを手配した後はホテル選びです。
大型のホテルは何でも揃っているけど、プールに行くにも朝食に行くにも
部屋に戻るのにも遠くてめんどうだなと今回は却下。
ヴィラ風のちょっと高級なホテルも考えたけど、予算の問題ともっと気楽に過ごしたいなぁと
今回は中級クラスでこじんまりとしたシンプルなホテルを探しました。
そこで決めたのが今回お世話になった「ウォラブリ プーケット リゾート&スパ」です。
決め手はやっぱりプールアクセスの部屋「カバナ」があったこと。
それからビーチへのアクセスもとてもよかったこと。
改装もすんだばかりのようだし、お値段も予算内。

ホテルの予約は直接ホテルにお願いするか、代理店を通すか迷いましたが、
タイの在住さん達もよく利用するという「旅ランド」さんが安かったのでこちらで。
朝食付きで2625B(約8100円)、4泊で10500B(約33000円)でした。


(左上)
ホテルの外観です。かわいらしい黄色。
間口は狭いのですが縦に長いホテルです(ウナギの寝床的な)。
(右上&左右下)
エキゾチックな像や祠もタイっぽい。


(左上)
ベットはダブルでした。
でも隣にまだまだスペースがあったのでお願いしたらツインになるのかな?
正直邪魔なモスキートネットです。
蚊は結構いたので寝る前に虫よけスプレーをかけた方が安全安心です。
(右上)
テーブルと椅子もシックでシンプルです(荷物がごちゃごちゃですみません)
(左下)
洗面所。アメニティもものすごーく必要最低限です。歯ブラシなし。
洗面所、トイレ、シャワー(バスタブ付き)が一部屋になってます。
結果、シャワーを浴びるとトイレの床も水浸しに。しょうがないですけどね。
(右下)
部屋からレースカーテン越しにみたプールサイド。
結構透けてますが、昼間なら外からは見えないと思います。もちろん遮光カーテンもあり。

最初部屋に案内されたとき、猛烈なカビ臭がしたのです。
多分ローシーズンでお客さんが来ないから風通ししてなかったんでしょうね。
翌日も強烈だったら部屋を換えてもらおうと思っていたら、
エアコンつけたり窓を開けたりして過ごしているうちにだんだん臭いは取れて行きましたけど。
ワタシ達が滞在週、もうすぐハイシーズン(10月から乾季なので)になるためか、
他のお部屋も一斉に窓を開けて換気してました。もっとこまめにして欲しかった…。

もちろんプールは共用なのでテラスにいても他の人が目の前を泳いでいたり
共有スペースのプールサイドチェアで過ごす人も正面にいたりしますが、
まあこの価格でプールアクセスだったらしょうがないかな。

スタッフの人もフレンドリーだし、へんに日本人慣れしてないところもよかったです。
ただ本当に静か〜なので、
便利さで言ったらもうすこしカロンサークル近くのホテルの方がいいかな。

カロンビーチMAP」(プーケットウォークより)
ウォラブリ プーケット リゾート&スパ」(プーケットナビより)
Woraburi Phuket Resort & Spa」(ホテルサイト)



プーケットへ行ってきました 5日目(最終日)

JUGEMテーマ:旅行


いよいよ最後の一日です。
あっと言う間だったなー。

■ ホテルの朝食 ■

ホテルの朝食はごくごくシンプル。
パンやパンケーキ、卵にソーセージ、サラダにフルーツ、
それから洋食のおかずが数種類とシリアル。
他にはおかゆとタイ料理も数種類。
目移りして食べ過ぎることがなかった点ではよかったと思います。


■ 最後のビーチタイム ■

朝食を食べて軽くパッキングしたらビーチへ。
前日にかなり焼けたので日焼け対策はばっちりです・・・が南国の日差し。
ものすごく強かったです!!


デコイチは必ずここでひっかかります。
大きな蟹穴をほじって蟹を探すのです・・・。
(ワタシは暑いのでさっさとパラソルの下にもぐりこみ、遠巻きにその模様を眺めてます)


■ 最後のランチ ■

タイバーツが心もとなくなってきたので両替がてらカロンサークル方面へ。
最後のランチは最初の夜に行った「Green Chili」です。


(左上)
飲み納めシンハー(大)
(右上)
エビのすり身のフライ、「トードマンクン」です。
タイの揚げ物ってみんなフライなのかな。ぷりぷりエビがいっぱいで激ウマでした!
(左下)
食べすぎで胃の調子が悪いデコイチはやっぱりスープヌードルです。
チキンスープとビーフンのスープヌードルはデコイチのお気に入り。
日本に帰ったら作ってみよ。
(右下)
これもタイに来たらぜひとも食べたかった「プー・パッポン・カリー(蟹と卵のカレー炒め)」。
プーケットはシーフードも美味しいらしいので楽しみにしてたのです。
蟹はサイコーに食べにくかったけど、これもカレーがまろやかで激ウマ!タイ米と。
そういえば今回タイカレー食べてない・・・!!

最後なので心残りがないように頼みまくったらお腹が大変なことになりました。
パンパンになったお腹をさすりながらホテルにもどります。


■ 最後のテラス ■


レイトチェックアウトをお願いしたので(追加料金1000Bだった!安い!!)、
プールサイドでのんびり過ごします。
前日に引き続きこの日もものすごくいいお天気だったので、
たまらずラストスイムした私です。そこで焼けたんだな、きっと・・・。


泊まったホテルは改装がすんだばかりのようで、鮮やかな黄色で塗られていました。
みて、この空!!!あ〜、また行きたくなってきた・・・。


■ チェックアウト ■


16時半にタクシーを頼んでおいたので16時のレイトチェックアウトはちょうどよかった。
精算をすませて、ロビーでフローズンマルガリータとドライマティーニを。
夕焼けタイムにはここに座ると真正面で陽が沈むのが見えるそうです。

夕方の道は少し混んでいるようで、空港までは1時間半くらいかかりました。
やっぱり結構遠いな。
バンコク乗継なので、プーケットでの出国手続きでした。
夜中近くにバンコクを出発して朝の6時過ぎに関空到着。
日本はすでに秋になってました。
そして時期を完全に外したコンガリ焼けたワタシたち。
今年の夏の美白はいったいなんだったんだろ・・・。

象にも乗らなかったし、
オカマショーも観にいかなかったし、
離島にいってシュノーケルもしなかった今回のタイ旅行。
あっと言う間の4泊6日でしたが
「のんびりする」というテーマを初志貫徹出来たと思います。

帰ってもまたすぐ行きたくなるのがタイなのです。
今度はチェンマイ。
いや、またホアヒン。
それとも女子友とバンコクってのもいいなぁー。


◎◎◎ 今回かかったお金 ◎◎◎


エアチケット(サーチャージ&保険込)/HIS ¥226,700
ホテル/旅ランド  ¥42,000
タイバーツ両替分  ¥50,000
日本円使用分/空港バス、関空etc ¥23,700
======================
合計 : ¥342,000

でした。
予算10万オーバーですが、海外旅行だものね。
また旅行積立がんばります!!


プーケットへ行ってきました 4日目

JUGEMテーマ:旅行


■ ピカピカのビーチ! ■

この日が丸一日を過ごせる最後の日。
明日は夕方にホテルを出なければなりません。

やっとお天気が安定してきたので、午前中はビーチで過ごしました。


画像加工もなくこの空と海!!
本当にカロンビーチにしてよかったとしみじみ思いました。
オフシーズンのせいもあると思うけど、まず人が少ないしお土産売りもしつこくない。
ちょっと首を横に振るだけの「いらない〜」ってジェスチャーで離れてくれます。
おかげでストレスフリー。これ重要。


テラスの鳥以外にもビーチで仲良くなったタイ犬。


ものすごくフレンドリーです。
ビーチチェアー貸しの人が飼ってるみたい。
ご挨拶に来てくれまして、その後は定位置のビーチチェアーの下で延々昼寝。
いくらか涼しいんでしょうねぇ。


犬の写真ばっかり。
あぁ可愛かった。連れて帰りたいくらいかわいかった。


■ パトンビーチにショッピング遠征 ■

カロンビーチは本当に商店か「ザ・お土産屋」みたいなところしかないので
今回は買い物する気もなかったんですが、
ホテルからパトンビーチに無料シャトルバス(行きだけ)が出ているらしいので
それに乗ってパトンビーチのショッピングモールへ行ってきました。

パトンビーチは人人人。さすがプーケット最大のエリアです。
ビーチも大賑わいだけど、水は濁ってたし人も多いし、やっぱりカロンでよかった。
(パトンビーチの街並みの写真とか撮り忘れてた・・・)

カロンビーチからは山越えルートで15分くらいだと思います。
パトンビーチ最新のショッピングスポット「ジャンセイロン」前で下車。


(左)
ファンキーですみません・・・。
ホテルからのシャトルバス・・・と行ってもこんな感じ。
子供のころ軽トラの後ろに乗るのが大好きだったのでとっても気持ちよくて楽しかった!
(右)
お昼はジャンセイロン内のフードコートで。
ここも最初にデポジットカードを買うシステムでした。
ワタシは「カオマンガイ」を注文。50Bだって!安い!!

ジャンセイロンの地下は民芸品のお店でお土産購入に便利です。
マッサージのお店もたくさんありました。
私は地元のスーパーに行きたかったのですぐ隣にある「カルフール」へ。
「カルフール」で購入したものがこちら。

(左上)
レッド&グリーンカレーペースト、ココナッツパウダー。
ライムのパウダーも試しに購入。それからいつものトムヤムクンキューブに粒胡椒。
ココナッツパウダーや粒胡椒は日本で買うより断然安いです。
調味料は大体今日本でも手に入るので重い思いをしてまで買って帰りません。
(右上)
マンゴスチン系の石鹸などはタイ土産の定番です。
これも重いので必要最少数だけ購入。
(左下)
キッチュな感じのお盆です。一枚はお姉ちゃんちに行くと思います。
(右下)
お菓子も少し。
タイっぽくて、なおかつみんなが躊躇せず食べてくれそうなものを選ぶのが
意外と難しかったです。ちなみにこの赤い袋のはソフトキャンディーでした。


(左上)
これはBOOTSで購入の、タイブランドのもの。
ハンドソープやらアロマミスとやらオイルやら。
これもたっくさん欲しいけど、持って帰ることを考えて泣く泣く最少量。
(右上)
象のカードも購入。
(左下)
これもカルフールで、いろんな形があって全部欲しかったけど
断腸の思いでお皿をたった二枚・・・。あーあ。タイのブランドです。
結構日本のエスニック雑貨屋さんで見るんですけど、やっぱり現地は断然安い。
(右下)
これはジャンセイロンの地下のお店で。
同じ柄の形違いを大人買い・・・しようか悩んでいる私の傍らで
デコイチとお店のお姉さんの値段交渉が炸裂してました。
結果2枚で1200B(約3600円)。私にとっては十分納得のお値段です。

お買いものについ夢中になって時間を忘れそうになりましたが、
あわてて帰らねばなりません。
ホテルへ戻るシャトルバスは無いので自力で帰ります。
無数にあるタクシーから誘いの声がかかりまくります。
ホテルのツアーデスクでは「カロン−パトン」のタクシーが300Bだったので
200Bから交渉するも大体どこも250Bでした。
15分しか乗らないのにこの価格。タイのタクシーは安くないな。
タクシーって行ってももちろん軽トラにホロとシートをつけたものです。


■ カロンの夕焼け ■

あわててパトンから戻ったのはカロンビーチの夕焼けをじっくり見るため。
デコイチと陽が落ち始めて沈むまでじっくり眺めたかったのです。


ほぼ貸し切り状態のビーチ。こんなにきれいな夕焼けは生まれて初めてかも。
一時間以上かけてたっぷり堪能しました。
一生の思い出です。


■ 最後のディナー ■

最後のディナーは悩みつつも近場で済ませてしまいました。
「AROONA KARON」にある二日目にいったレストランです。


(左上)
「ヤンウーセン」?どこにいってもサラダの玉ねぎが大ぶりでした。
(右上)
デコイチの大好きな「スープヌードル」。でもちょっと思った味と違うみたい。
パクチーも少ない・・・
(左下)
チャーハン(手前)とフライドチキン(奥)。
フライドチキンは伝わったんだけど、完全にフライでした。しかもささみの。
う〜ん。
(右下)
「クルワンポン」も持ってきてもらってタイ味にしていただきました。
このクルワンポンを入れるセットがセラドン焼きで売ってて欲しかったんだけど、
食器棚のスペースと使用頻度を考えて諦めました。。。

相変わらず空き空きのレストランで、やっぱりパンチの利かないタイ料理。
カロンビーチは完全に海外からの旅行客向けの味と価格のようです。
(と言っても全然日本より安いからいいのだけど。)
みんなプーケットタウンに住んでいてカロンには通ってきているらしく、
だからローカル密着のレストランや屋台がないのかも。
いや、探せばあったのかも・・・と思うと悔しいのであんまり考えないようにします。

ホテルに戻ってプーケット最後の夜を噛みしめる・・・わけもなく
デコイチさんは満腹でさっさとご就寝でした。
ワタシはちょっとテラスで一杯やってから。


プーケットへ行ってきました 3日目

JUGEMテーマ:旅行


プーケット三日目。
本日もノープランです。
午前中はテラスでだらだらして、午後はマッサージをうけに行こう!
とホテルを出発。


(左上)
この日も時々曇り空、時々雨。
(右上)
津波の避難ルートと書かれた看板が目に付きます。
矢印方向に行くと少し高台になるらしいです。
(左下)
カロンビーチの通り。
予想以上に津波の後遺症が濃く残るビーチでした。
レストランやホテルも完全に復興していないみたいだし、そこここに瓦礫の山も。

ビーチでマッサージ♪と思ってヒルトン方面に歩いて行った所にある
マッサージ屋さんをのぞくと、500B/1hだって!高いよ!!
近所の「AROONA KARON」にもマッサージ屋さんが3〜4軒あるので
そちらに行くことにしました。
そこだとタイ式マッサージが250B/約1h。


ホント「AROONA KARON」にはお世話になりました。
レストランも雑貨屋(商店)もあるし、
お世話になってないけど両替所もツアーデスクもありました。
津波前はもっと賑やかだったみたい。
写真左は雑貨屋で買った絵葉書。かわいいーの。


マッサージ屋さんは一番明るくてお客が入ってるところを選びました。
ワタシもデコイチもタイ式マッサージを選んだので個室に。
真っピンクの部屋でした。
タイ式マッサージはもしかしたら初めてかも??
担当してくれたおばちゃんがぽっちゃりさんだったので
ぽにょぽにょした手で揉まれてとっても気持ちよかったです。
デコイチはアクロバティックなポーズがちょっと辛かった様子。
二人で500B/1h+チップは安いなーー!!


カロンサークル方面に歩いて行く途中に「Sand Bar」というレストランがあります。
そこが夜7時までドリンク半額とのことで、食事前の一杯に立ち寄ってみました。
(左&右上)
「Sand Bar」というくらいで、砂が敷き詰められています。
(左下)
半額ドリンクのシンハービールとロングアイランドアイスティー。
まあ半額になってもタイの普通のレストラン価格。
正規料金は日本価格とほぼ同じくらい。
(右下)
フレンチフライを食べて(激ウマ)、カクテルを飲んでたら気持ちよくなったので
この日はここで夕食をとることにしました。で、ピザを注文。
このピザ、ちゃんと石窯で焼いてました。正規料金は390Bくらいだったかな。


カロンビーチは夕陽の美しさでも有名。
レストランからは位置が良ければ沈みゆく夕陽がみれます。


開店同時に入ったので、人気の(?)ブランコ席をゲット。
といっても揺れはしないです。広々とゆーっくり食事ができました。

カクテル×3杯、ビール×3杯、フレンチフライにピザでチップ混みで
1200Bくらいだったかな。一番豪勢なディナーになりました。
昨日の結婚記念日の挽回になったかな。


プーケットへ行ってきました 2日目

JUGEMテーマ:旅行


■ カロンビーチ散策 ■

ホテルの朝食を食べてそのままビーチにお散歩に行ってみました。
ビーチまで2分くらい??
ホテル前の道を渡ればそこはもうカロンビーチです。


(左上)
ビーチチェアは二つで1日200バーツ。
この時は曇り模様なので人がいませんでした。
(右上)
カロンビーチは踏むと「キュッキュッ」とする鳴き砂です。
その砂浜に無数にある小さな穴。
(左下)
そこからカサカサとものすごい速さで何かが出たり入ったりします。
見えるかな・・・?
(右下)
その正体はカニでした!なぜだか半透明の蟹。
デコイチ、捕獲に夢中でした。
ワタシは動きが船虫っぽくてちょっと気持ち悪かった・・・。

この後は雑貨屋さんに行ってお水やらビールやらを買い込み、
部屋に戻ってテラスで読書。


■ AROONA KARON のレストランでランチ ■

ランチはホテルからすぐ近くにある「AROONA KARON」内で済ませました。
それにしても人がいない・・・。


(左上)
黄色い木枠にいろんな色の模様のついたガラスをはめ込んだドアがかわいいお店でした。
(右上)
ソーセージサラダ。「辛くする?」と聞かれたので「もちろん!」とお願いしたら
トウガラシが増量されたらしい。
(左下)
英語とタイ語のメニューから選んだのだけど、フライドチキンが食べたかったワタシ達。
「Fried Chicken with Ginger & Pepper(たぶんこんな感じ)」を注文したら
炒めただけだった。「Deep」がつかないと揚がってないみたい。
(右下)
豚肉のチャーハン。美味しい。

これにビールを一本ずつくらい飲んで500バーツくらいかなぁ。
それにしても旅行客向けの控えめな味付け。もっとパンチが効いたのが食べたい。


■ またまた午後はテラスで ■


今回のホテルにした決め手はプールアクセスの部屋があったこと。
部屋からプールに入れるなんて素敵〜と思って。
この旅ではほとんどここにいました(笑)。
テラスでポテチを食べながらビールを飲んでると現れた2匹の鳥。
かなり人に慣れてまして、デコイチのいいお友達になってくれました。


「ARO0NA KARON」の雑貨屋さんで入手したジンとトニックウォーターと氷で
プールサイドでジントニック三昧。
実はこの日結婚5年目という記念すべき節目を迎えるワタシ達。
ロマンチックディナーの予定だったのに、このジンのせいで…!!


■ レッド&オニオンでディナー ■

ワタシの制止も聞かずに、↑のジントニックを飲み続けたデコイチさんは
やっぱり4時くらいにベロベロに酔っぱらいそのまま起きない人に・・・。
結局起きだしたのが夜8時。ロマンチックディナーは叶わぬ夢でした。

ワタシにチクチクと言われながら、カロンサークルを越えたレストランの多いエリアに向かいます。
このあたりで夕御飯にすることにしました。
「人の入っているレストラン」を探すとこじんまりながらも満員のお店発見。
入ってみることにしました。


(左上)
今回のタイ旅行で絶対食べたかったのがイサーン料理の「ガイヤーン」。
お店の人に聞いたらあるというので注文したらささみのサテだった・・・!
美味しいけど、美味しいけど、アタシが食べたかったものじゃないし!!
(右上)
豚ひき肉のサラダ。「ラーブ・ヌア・サラダ」と言ってイサーン料理です。
イサーン料理あるのに、なんで「ガイヤーン」が無いの・・・?
付け合わせの生野菜と頂きますが、この野菜が新鮮で美味しかったです。
(左下)
そう言えば頼んでないねぇと「トムヤンクン」も。
辛さ控え目でとってもマイルドでした。

このお店もパンチがやっぱり足りない・・・。
欧米人率99.8%(適当)だからかなぁ。
でも驚きの安さでした。なんとチップ混みの400バーツ。
だから繁盛してるのかしら??

この日もこのままホテルに戻ってお酒が抜け切れてないデコイチは早々と就寝。
結婚記念日をロマンチックに過ごしたいと思っているのは女子だけなのでしょうかねぇ。



プーケットへ行ってきました 1日目

JUGEMテーマ:旅行


■ 京都駅から関西国際空港へ ■

京都から関空へのアクセスを悩んだ結果、一番安いリムジンバスで行くことに。
京都駅八条口のホテル京阪前から出ているリムジンバスは往復で買うと¥3800とお得。
本数が少ないので早めの便を選んで良かったー。
渋滞もあって関空に着いたのは2時間半前。やっぱりバスはドキドキするなぁ。

今回もパタヤに続き大好きなタイ航空です。
チェックインを早々と済ませて朝食!朝食!


朝食は前回パタヤ行きの時もお世話になった「にぎ和っ亭」。
汁物好きのデコイチは絶対気に入るだろうと思ってたらやっぱりとても気に入ってくれました。
肉吸いに選べるおにぎりが二個つく「和みせっと」+落とし玉子¥100。
肉吸いの具も鶏、豚、牛と選べます。ワタシタチは大好きな豚肉〜。
スープの中には美味しい梅干しも入っていて酸味と塩気がナイスでした。

お腹もパンパンになったので早々に出国ゲートへ。
携帯を借りて(デコイチ仕事用)、イミグレを通って免税をふら〜っと覗いたら
衝動買いしてしまったのがコチラ。
今回滞在するカロンビーチはショッピングモールなどが無いらしいので
せめて旅の記念に?!


シャネルのアイシャドー。最新色だそうです。
パープル系と迷ったけど「パープル系は春夏カラーですから・・・」ってVAさんが!
え!!秋冬と思ってた!!
それからデコイチ愛用のクリニークの「HAPPY」。
空港限定お徳用ボトルだそうで、普通サイズと同価格だって。


■ 機内にて ■


(左上)
まずワタシのテンションをあげたのがコチラ。
カラフルなシート!テンション↑↑↑!!
でも残念ながら機体が古いらしくシートにテレビは付いていませんでした…。
(右上)
まずはおつまみと“もちろん”シンハービールで。
(左下)
お楽しみの機内食。
「ポーク&パスタ」は品切れになってしまったので「チキンとライス」です。
いつも思うけど、機内食ってなんでごはん(麺も)にさらにパンが付くんだろ。
後はお蕎麦(炭水化物祭りだ)とサラダとラズベリーのムースでした。
(右下)
食器の色も可愛いかった!
このコーヒーカップ欲しいです。


■ スワンナプーム国際空港 ■

約6時間でバンコクのスワンナプーム国際空港に到着。
関空からは残念なことにプーケット直行便が出ていないのでトランジットです。


2006年に出来たばかりの新しい国際空港。もちろん中もキレイです。
プーケットではなくここバンコクで入国審査を行います。
乗り継ぎの待ち時間が三時間近くあるので、
「わーい!新しい空港ゆっくり散策〜!」と思っていたら
出国側だったのでほとんどお店が無く・・・。
BOOTSはあったけどこれから国内線に乗るのに液体状のもの持ち込むのも面倒だなと
みるだけに。残念。


(左上)
なぜかこのシールを服に貼られた。なんだろ。
(右上)
空港内のフードコート。
タイのフードコートではまず500とか1000バーツのデポジットカードを買って
それぞれのお店で清算し、残ったら残金を返してもらうシステムのようです。
ギリギリで500バーツあった(カード不可)からよかった・・・。
(左下)
ピザ、寿司、サンドイッチ、タイ料理といろんな飲み物が揃う中、
やっぱり来たからには早速タイ料理を食べたいワタシ達は「豚肉と腸詰ごはん」
(右下)
幅広麺のスープヌードル
二つで320バーツでした。高い!!

残金でビール飲もうとしたら、シンハーが220バーツって言われた!
ありえないから!!日本価格です。
なので40バーツのお水で我慢。
空港のご飯はどの国も高い。分かってたけど。


■ 国内線に乗り換え ■


冷たい金属製のイスに冷房の効いたゲート内。
足先から冷え冷えになります。
南国の冷房サービスだ・・・。


今回乗った国内線はボーイング747。一番大きなジェット機です。


1時間半程の国内線での軽食サービスは
オレンジジュースとミートパイとコーヒー(か紅茶)。
ミートパイ美味しかったです。
ブレブレなのは乱気流の中だったから。結構揺れた。


■ カロンでの最初のディナー ■

空港に到着したのがタイ時間の20時前。
日本だったら22時です。
家を出たのが朝の6時半なので、やっぱり遠いよなぁ。
関空までが遠いのと、バンコクのトランジット待ちがイタイな。

少し残っていたバーツはバンコクのフードコートで使ってしまったので
1万円だけ空港で両替。
大体1バーツ=3.1円くらいでした。

空港からは送迎の車を事前に手配していたので迎えに来てもらってホテルまで。
空港からカロンビーチまで約50分ほどでした。結構遠いな。
プーケットタウン、カタビーチを抜けてカロンビーチに到着。
送迎のお兄さんにそれとなくガイドを勧められるけど、「ゆっくりしたいから」と
丁重にお断りです。だって本当にゆっくりしに来たから。

ホテルにチェックインして、早速ディナーに出かけました。
ホテルのまわりも静か〜なのですが、カロンサークル方面に歩いていけば
レストランがあります。
「Green Chili」というレストランに入ってみました。


(左上)
まずはチャーンビールの生をピッチャーで。150バーツくらいだったかな?
(右上)
もう10時近かったので軽く食べようねと「パッタイ」。
エビがたっぷり入ってます。普通においしい。
奥のクルワンポンはセラドン焼きかなぁ。かわいいなぁ。
(左下)
さっぱりと「ヤン・ウン・セン」も注文。味付けが結構濃いです。
でもこちらもエビたっぷりでウレシイ限り。
(右下)
さらにシンハーの小瓶とジントニック。ジントニックのジンがちょっと薄いです。

こちらのレストランはサラダバーがあり、サービスみたい。
普段の野菜不足を一挙に解消出来るといいな。
この日の夕食はチップ混みで700バーツくらい。
日本円で約2100円。安い。

この日はこれでホテルに戻ってお風呂に入って就寝。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座