スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.01.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2009年コタキナバル旅行 ホテル&お土産編

JUGEMテーマ:旅行

またまた間があいてしまいましたが・・・。
泊ったお部屋とお土産の紹介です!

今回宿泊したのは「シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパ コタキナバル」です。
コタキナバルのホテルをいろいろ探していたのですが、
空港にも近く、街にもタクシーで15分ほどの立地が気に入ったことと、
海沿いのリゾートホテルでしかも一度泊ってみたかった、シャングリラだったので
奮発することにしてここに決定。サイトから直接予約をしました。

このホテルは海側の「タンジュンウィング」と山側の「キナバルウィング」に分かれていて、
私たちは海側のタンジュンウィング・シービュールームを選びました。

 お部屋紹介 

シャングリラ・タンジュンア

ホテルに着いた日に撮った写真。
夜着だったので暗いです・・・。

お部屋はとってもきれいで暖かい色味と東南アジアらしい木の感じが調和して
上品な感じです。
枕がふかふかで非常に気持ち良かったです!

シャングリラ・タンジュンア

このドアはお隣とつながっていました。
コネクティングも可能。

シャングリラ・タンジュンア

ベット脇のソファーコーナーもゆったりスペースです。

シャングリラ・タンジュンア

アメニティも申し分無しでした。

シャングリラ・タンジュンア

クローゼットには傘やアイロン台まで!

シャングリラ・タンジュンア

ベランダの蚊取りが可愛かった〜!

そろそろ出発

使いまわし写真ですが・・
ベランダからの風景はこんな感じ。
私たちのお部屋の芝生はミニゴルフが出来るようになっていました。
この大きな木が無ければもっとシービュー!って感じだったのになぁ。

完全な雨

この写真も使いまわしです。
晴れた日のベランダからの一枚を撮っていなかったことにいまさら気づき
後悔してます・・・。


 お土産に買ったもの 

お土産はセンターポイントの中にあるスーパーでまとめ買い。

お土産

まずは有名どころでサバティー。
マレーシアのサバ州は紅茶の産地だそうです。
お味はいたってノーマルで普通に美味しいです。


お土産

マンゴーっぽいものを・・・と思って買ってみたマンゴータフィー。
なんていうか非常に濃厚な香りです。
野性味あふれる感じで・・・失敗。

お土産

マレーシアはチョコも有名だそうですね。
なのでマレーシアブランドのチョコレートをいろいろ買いました。

お土産

こんなのとか、

お土産

こんなのとか、

お土産

こんなのとか、

お土産

これは空港で購入。
もちろんチョコです。

チョコレート、どれも普通に美味しかったです。
でもこんなにお土産でチョコ買いまくったの初めてだなぁ。

お土産

これはセンターポイントで買ったスパイス。
もっとスパイスがたくさんいろんな種類売られていると思ったらそうでもなかった。
クミンは日本で買うと高いのでガッツリまとめ買い。
ジップロックに入れて冷凍庫で保管します。
手前のマスタードシードはお初なので、何に使えるか調べなきゃ。

コタキナバルからの帰り、やはり日本人の皆さまの手にはチョコとお茶でした。
本当は、デコちゃんやるな!ってお土産を選びたかったんだけど今回は諸事情でね・・・。


さて、これにて本当にコタキナバル旅行記は終了です。
長~いお付き合いありがとうございました!



2009年 コタキナバル旅行 四日目(最終日)

JUGEMテーマ:旅行

9月23日(水)

すっかり間が開いてしまいました
気を取り直して続きです!

最後の朝食

最終日の朝ごはん。
作らなくてもいい、こんなにいろんな美味しい朝ごはんを食べられるのも最後(涙)。
最後だからオムレツを作ってもらってソーセージも食べました!
パンもフルーツもてんこ盛りでお腹パンパンに〜


 残された時間はのんびりまったり 

最後の読書タイム

この日もお天気!
ビーチが見える場所のチェアーに寝そべって本を読んだりぼーっとしたり。

最後の読書タイム

デコイチさんも黙々と読書。
今回は5泊7日で6冊を持って行きましたが全部読み切りました。
私は多めの8冊(笑)だったけど、読み切れなかったのは1冊だけ!
・・・まあ最初の関空足止め時に大いに役立ってくれたのですが〜。



ああ、癒されるぅ〜!
動画っていいね。その時の音と空気がよみがえって来ます。


 いよいよお別れ、シャングリラ・タンジュンアル 

そろそろ出発

16:00のレイトチェックアウトだったので、のんびりとパッキング&身支度。
ビーチから戻ってきて鏡を見て愕然・・・!!
うっかりサングラス焼けをしてしまいました!オーマイガッ!!
逆パンダです。やっちゃった〜。
これが目立たなくなるまで10日くらいかかりました。
最終日、気を抜いてしまった・・・。

シャングリラ・タンジュンアにて

デコイチのシャツのまだらは汗です(笑)
空港へ向かうタクシーの前でパチリ。
って、もっとホテルの中が分かる所で撮ってもらえばよかったなぁ〜。


 コタキナバル空港にて 

空港でマクドナルド

コタキナバル空港に到着です。
ホテルからは15分くらい。近ーい!
飛行機の時間まではまだまだあるのでマクドナルドで遅いランチを。
手前のディップはケチャップとサンバルソース。
サンバルがあるのはうれしいな!ポテトやチキンにつけて頂きます。

ここでアイスコーヒーをお願いしたら無いとの事で、
ホットコーヒーと氷を入れたカップをくれました。
これはうれしかったのですが、コーヒーがなんていうか既に非常に薄めだったので
氷で薄めたら大変な事になると思い断念。

そういえばビーチ沿いの屋台街でブラックのアイスコーヒーを頼んだ時も
「砂糖もミルクも無しのアイスコーヒー??」と相当悩んでくれて
やはりコーヒーに氷を投入したうっすいものが出てきました。
ホテルのレストランでさえ薄かったしミルクもいらないってのに入ってたし、
コーヒーはよく飲むみたいだけど、アイスは馴染みがないのかしら。

コタキナバル空港

コタキナバル航空はきれい&ガラガラ。

チェックインをしてると係りのおじさんに「荷物のチェックはしたか?」みたいな事を聞かれて。
今は無いところもあるけど、
以前は必ずあったチェックインする前にスーツケースを機械に通して
黄色いシールを貼ってもらって封をするアレの事らしいのですが。

この空港は入口にその機械が二台あって、自分で持ち込んでそこを通して
係りのお兄ちゃんにペタリとシールを貼ってもらってからチェックインする流れのようです。

結局チェックイン後にそこでシールを貼ってもらってまた持ち込むという
めんどくさい事に。
コタキナバルから出られる方、ご注意を!


コタキナバル空港

きれいだけど地味〜な空港です(笑)
でも空港の空いてるスタバって素敵ですよね!のんびり。

コタキナバル空港

そう言えばコタキナバルはオラウータンが有名。
あとテングザルとか。
世界一大きな花もあるんですよね。見に行けばよかったかな。
海やら山やらコタキナバルの全てを詰め込んだ可愛いポスター。

この後トランジットでクアラルンプールへ飛びます飛びます


 クアラルンプール空港にてトランジット 

クアラルンプールにて乗継ぎ

クアラルンプール空港に着いたら華やかでびっくり!
文明に出会った気がしました(笑)

クアラルンプールにて乗継ぎ

マレーシアはチョコレートも名産らしいのでお土産にはチョコをたくさん買ったのですが、
クアラルンプール空港にはこんなチョコレート専門店も!
・・・といってもメイド・イン・マレーシアオンリーでは無くドイツやらスイスやら
世界のチョコがここに集結。
珍しいチョコもたくさんあったのでちょっと欲しくなってしまった〜。

クアラルンプールにて乗継ぎ

2時間ほどの空き時間だったのですがもう深夜近くだったのでくたくた。
早めに搭乗口に向かいます。
この動く歩道、プラネタリウムのようにきれいでした。


23:45クアラルンプール発の飛行機に乗り込み深夜便で関空へ。
関空着は予定通りの7:10頃でした。
深夜便は疲れるね〜。

関空からバスに乗って梅田へ。
梅田から電車に乗って家に着いたのが10時頃。
くたくただったのでお茶漬けを食べてお昼寝(?)してその日はダラダラと。

前半は波乱万丈だったけど後半はいつも通り楽しめたコタキナバル旅行でした。
来年ももちろん狙うは海外です!
行き先の照準は定めてあるので、またコツコツ貯金貯金。


2009年 コタキナバル旅行 三日目

JUGEMテーマ:旅行

9月22日(火)

 快晴の中で朝ご飯 

快晴!

おそるおそるお部屋のカーテンを開けてみると、なんと快晴!!
やったぁ~!!
やっぱりリゾートにきたらこうでなくてはネ。
朝ご飯の外席もいつもより断然気持がいいです。

朝ご飯

この日の朝ご飯チョイスはこんな感じ。
大皿には野菜を中心にもりもり。
手前の肉厚のシイタケソテーはとってもジューシーでお気に入り。

朝ご飯

ヌードルコーナーもありました。
目の前でフォーか中華麺を茹でてくれて好きなものをトッピングするようです。
デコイチの〆の一品。

朝ご飯

野菜をもりもり食べた後は甘いデザートとしてデニッシュとか。
下のブルーベリー&クリームチーズのデニッシュが美味しかったです。
パンの種類もとっても豊富で毎日悩まされました!
幸せな悩み〜

雀のご飯タイム

食べ物を残して席を立つとあっと言う間にちっちゃなギャングが襲ってきます。
それはもうガツガツといい食べっぷりで思わず見とれてしまいます。


 いざ、サピ島へ! 

朝から晴れていたのでこの日こそ近くの島に行きます。
きっとみんな晴れの日を待っていて混むだろうと、
朝ご飯を食べたら急いでマリーナへ向かいました。

サピ島へ

ピカピカのお天気です!

マリーナに受付があるので、サピ島かマヌカン島かの島を選び、
時間を指定してお金を払って領収書をもらって受付終了。
シュノーケルのレンタルとかアクティビティの申し込みもここで出来るみたいです。
マヌカン島よりサピ島の方が透明度があるとどこかのブログに書いてあったので
私達はサピ島に行く10:00発のボートを予約しました。
ボートは一時間に一本くらいの割合で出てるみたいです。

サピ島へ

日陰に避難してボートの出発を待ちます。

シャングリラホテル利用者以外の人利用できるようで、
地元の若者も船を待っていました。

サピ島へ

10:00を大幅に過ぎて(想定内)、いざ出発!!

サピ島へ

結構飛ばします!

サピ島へ

途中マヌカン島に立ち寄って、数人降ろしてからサピ島へ。
時間にして約20分くらいだったかな。

サピ島へ

入口で入島税10RM/人を払って上陸。

サピ島へ

やっぱり海が違う〜!
テンションあがりまくりです。

サピ島へ

パラソルなどは貸出もないので、木陰の下にもぐりこみます。
ビーチマットは入口で大10RM、小5RMで貸出してました。
持ってきたビールを飲みながらしばし読書。

その後は海に入ってみました。が、ぜんぜん透明じゃない〜(涙)。
桟橋近くは水がかなり澄んでいたのでポイントが悪かったのでしょう。
魚をおびき寄せるために朝食のパンを仕込んでいったら、
予想外に大きな魚がたくさん寄ってきて恐怖でパニックに!
遠くにパンを投げ捨てて慌てて岸に帰ったワタシ。
デコイチさんは魚に足を噛まれてました。

泳げないって怖いですね。
真剣に泳ぎを習おうと思います。

サピ島へ

どこぞのマダーム?
イヤイヤ、ワ・タ・シ!

サピ島へ

これは桟橋近くの水。
透明ですね。



動画も撮ってみました。
ぜひ波の音を楽しんでください〜。
癒される〜。

サピ島へ

ポジションを変えて、桟橋近くの砂浜でごろごろ。

サピ島へ

"SWIM AT YOUR OWN RISK”

「自分の責任で泳ぎなさい」って逆に怖いですね。

サピ島へ

このグラデーション!
家に持って帰りたいぃぃ〜。

サピ島へ

あっという間に4時間経過。
そろそろ帰るとします。
桟橋近くが一番魚が見えました。

サピ島へ

もちろん時間通りに来ない船(想定内)。
帰りはマヌカン等に寄る事もなく一直線でホテルのマリーナへ。


 遅めのランチはCoco-Joe'sで 

Coco-Joesのフィッシュ&チップス

コタキナバルに来た目的の一つを果たした達成感で満足満足。
お昼もだいぶ過ぎていたので、ホテルのプールサイドの「Coco-Joe's」で
フィッシュ&チップスを注文。
夜ご飯を食べに行くのを決めていたので二人で一皿です。

フィッシュ&チップス大好きなのですが、こちらのもフライがスパイシーで
アツアツでとっても美味しかったです!
ビールに合うんだな、コレがな!!


 最後のサンセット 

最後のサンセット

最後のサンセット。
と言っても最後まで燃えるような夕焼けは見れませんでした。
やっぱり人生最強のサンセットは去年のプーケットだなぁ。

この写真のせり出した島の様な所がホテルの中にある、
その名も「サンセットバー」というバーで
夕方〜陽が沈むまでしかオープンしないロマンチックなバーです。

またまた登場

あ!昨日おじさんだ!
今日はブレないで撮れました。

ま

サンセットバーに進んでいくおじさん。


 最後のディナー@タンジュンアルビーチ沿いの屋台街 

ビーチ沿いの屋台でご飯

夜はホテルから歩いて15分くらいの所にあるローカルな屋台街へ。
ホテルから道なりにずーっと歩いて行くのですが人通りが少ないので
ちょっと女子同士だと怖いかな〜。
でもタクシーの距離でもないのです。

ビーチ沿いの屋台でご飯

フードコートの様になっています。
ローカル率95%!(に見えた)。
こうゆう雰囲気大好き。楽しいデス〜!

ビーチ沿いの屋台でご飯

Tiger Beer /5RM(約¥150)

事前に調べていたらお酒は置いていないとの事だったので持参したのですが、
聞いてみたらちゃーんとありました。
旅行客が増えてきたから置くようになったんだろうなぁ。ありがたや〜。

コタキナバルではビールを注文するとこのようにたっぷり氷を入れた入れ物に入れて
ビールをサーブしてるのをたくさん見かけました。
デコイチさんの推測によると、「冷蔵庫が弱く冷えないんだろう」とのこと。
来年の夏から我が家もまねっ子決定!

ビーチ沿いの屋台でご飯

ワタシが注文したのは唐辛子の入った炒飯。
この赤いの全部唐辛子!
激辛ウマウマウマ!!
結構な量があったにも関わらず完食してしまいました。


ビーチ沿いの屋台でご飯

ハニーチキン

写真で1本分。
この後2本追加して計3本頂きました。
柔らかくて甘しょっぱいチキンが炭で焼かれていい香り。

ビーチ沿いの屋台でご飯

ミーゴレン 

デコイチさんが注文。
ピーナッツがしっかり効いた割とこってり目一皿でした。

ホテルで買うよりも断然ビールが安い(半額以下)ので、
翌日ホテルで飲む分のビールも購入してアイスコーヒーも飲んで
合計なんと41RM(約¥1230)でした。
しかもその半分以上がビール代ですから!!
ビバ★安ウマ〜♪

ホテルからは少し遠いのですが、ワタシが考えるお金のかからない
かつ美味しい食事の仕方は

朝はホテルの美味しいバッフェランチをたっぷり堪能。
昼は割とボリュームのあるルームサービスを一品頼んでシェア。
夜は早目にこの屋台街まで出てたっぷりローカルフードやシーフードを楽しむ。

ってのがベストではないかと!
最終日に気づいちゃったよ!オーマイガッ!!

ちなみにこの屋台街のオーダーシステムがよく分かりません。
とりあえずなんとなく席についたらメニューを渡されてその中から選んで
持ってきてもらって最後にお金を払いました。
色んなお店で食べたい時はどうするのかしら。

でもきっとなんとかなります。
シャングリラ・タンジュンアルに泊まられたらぜひチャレンジしてみてください。

お腹も満足になってまたトコトコとホテルに歩いて戻り、
やっぱりすることもないのでお風呂に入って本を読んで早めにご就寝。
この食べてすぐ寝る生活はガッツリ身につきますね(笑)



2009年 コタキナバル旅行 二日目

JUGEMテーマ:旅行

2009年9月21日(火)

完全な雨

この日はあいにくの雨~。
ビーチでもプールでも過ごせないのでお部屋でごろごろする予定でしたが
明日天気になるかもしれないし!
とこの日の内に街での用事を済ませてしまうことにしました。


 双天海鮮楼でシーフード 

マレーシアと言えば海鮮も美味しいことで有名だそうで。
一度はシーフードを食べに行こうと思っていたのです。
色んな方がブログなどで美味しいと書いている「双天海鮮楼」に行ってみました。

通称「セドコ」と言われる「Sedoco Complex」とTAXIのおじさんに伝えると
シーフードレストランは夕方からしか開いてないよと言われたけど
ホテルでもらったタウンマップには12:00から開店と書いてあったので
とりあえず連れて行ってもらいました。

タクシーを降りるとすぐ分かりました。
そしてお店は開いてました~。
けど他のお店は全部閉まってました。なんて、商売熱心!
でもおかげで夜に出直さなくてすんでよかった。

双天海鮮楼

食べたい物を指さして値段と量と調理法を確認して席につきます。
うっかりするとすんごい高級魚を勧めて来ますので
「量と値段」をきちんと確認することが大切そうです。

双天海鮮楼

下は大きな伊勢海老。上は・・・クエ?
他にも鮫とかペットボトルに入った海老(戦わないようにしてるのかな)とか
とにかくいろんなシーフードが満載。

双天海鮮楼

ハマグリ 1kg/20RM(約¥600)

まずはこれはハマグリ。
って言われたけどハマグリなのかな?
生姜とネギで蒸したものをニンニクが効いたソースにつけて頂きます。
私にはちょっと生臭いかな~。

双天海鮮楼

海老のバターソース炒め 4匹/32RM(¥960)

火の入れ加減がぎりぎりで絶妙でした。
頭までパリパリで美味。お味噌も美味しかったです。

双天海鮮楼

野菜と卵の炒飯 

普通に美味しい!
油も少なめでさっぱりでした。

双天海鮮楼
チリクラブ 400g/72RM(約¥2160)

本当はソフトシェルクラブのフライを食べたかったのに、
それが食べたくて来たのに入荷が無かったようで。
それではとお友達に美味しいと聞いていたチリクラブを注文。
ソースが絶品でした。炒飯にかけてソースも残さず頂きました〜。

双天海鮮楼

サバ野菜のガーリック炒め 

これ、すごく食べたかったのです!
アスパラガスの様な味にほくほくしゃきしゃきの食感が美味しかったです。

他にタイガービールを3本で計179RM(約¥5370)でした。
レシートの字が達筆過ぎてどれがいくらか全部識別出来なかった…。
思ったほどのお得感は正直無かったです。
いつものことながら3人前くらいの量を食べたのでそう考えれば
やっぱりリーズナブルなのかな。

そして空いてて良かったけど、やっぱり寂しかったので
雰囲気も味わうならやっぱり夜来た方がいいかもしれないです。

この後は足りないものを買いに近くにあるセンターポイントに再び。
この日もやっぱりセンターポイントの中だけものすごい人〜!
ひとごみに疲れてしまってさっさとホテルに戻りました。


 陽が落ちるまでプールサイドで 

夕方のプールサイドにて

街から戻ったら雨も上がっていたのでプールサイドでのんびり読書。
日が暮れても風が涼しくて気持ちよかったのでゴロゴロしていると・・・

夕方のプールサイドにて

遠くから「アイーヤッ!」と奇声が聞こえてきて炎のついた棒を持ったおじさん登場。
後ろにも数人同じような人を従えてサンセットバーまでゆっくりと進んで行きました。

カメラを向けるとポーズを撮ってくれます(笑)
でもぶれた〜!

カップ麺ディナー

お昼が遅めでガッツリだったので夜はホテルの売店にあるカップ麺と
ウェルカムフルーツで軽くすませました。
スパイシーでなかなか美味しいカップ麺でした。

マレーシアのビール

スーパーで買ってきたビールも飲みます。
マレーシアではたくさんのビールをみましたがほとんど輸入もの。
シンガポールからのが多かったです。
その中でもこの手前のJazはマレーシア産のビールだそうで。
軽くて飲みやすかったです。
奥のANCHOR STORONGはホントにストロングで飲むのが大変だった・・・。

私達が滞在したホテルはふらっと食後にお出かけしたり散策する場所も近くにないので
夜が大層ヒマになります。
ご飯食べて〜本読んで〜NHKの海外版観て〜お風呂入って〜本読んで〜
早目に就寝。


2009年 コタキナバル旅行 一日目

JUGEMテーマ:旅行

2009年9月20日(月)

私のコタキナバル旅行は今日から本番!
なので本日からを一日目とカウントすることにします(笑)。

今回のホテルも個人でインターネットから予約。
ホテルの周りに歩いて行けるカフェもなさそうだったので、朝食付きのプランにしました。


 朝ご飯  

朝ご飯

ホテル内にある「Cafe TATU」で朝食。

リゾートに来たら食事は絶対外の席で!
エアコンの効いた室内よりも開放感があって断然リゾート気分です。
こちらの朝食ブッフェは種類もとても豊富でサラダやフルーツも新鮮でした。

朝ご飯

普段食べすぎなので朝食はサラダ中心にしてみました。
コーヒーもポットでもらえるので、たっぷりのコーヒーを頂きながらのんびりと。


 ホテルを散策 

クラゲに注意

大型なホテルなので朝食後に散策してみることに。

こちらのホテルのビーチは人工ビーチだそうですが、クラゲがいるのですね。
クラゲに刺されたらこのお酢をかけて!という案内です。
効き目・・・あるのかな。

道しるべ

ホテル内の道しるべ、矢印がお魚です。
こうゆうDSLで言うところの「隠れミッキー」的なものに女子は弱いのです。

海辺のブランコにて

ビーチ沿いの歩道にはビーチチェアやブランコなどが所々に配置されて
海をのんびり眺めるられるようになっています。
ムチムチのワタシでお目汚しですが、旅行気分が溢れてるので載せておきます。

海辺のブランコにて

奥に見えるのが無人島(たぶん)。
ホテルのヨットハーバーからボートが出ていて気軽に遊びに行けるようになっています。
が、天気が悪かったら海が濁っててお魚が見れません。
滞在中に一度は行きたいなぁ〜。


 サンデーマーケット 

週一度の日曜だけ、ガヤストリートと言うところで開かれるサンデーマーケット
があると聞いていたので行ってみることに。
ホテルからタクシーで行こうとしたら、
エントランスはサンデーマーケットに行きたいタクシー待ちの人で一杯・・・。
どうやらマレーシア全土で、9月20日&21日は「ハリ・ラヤ・プアサ」と言う
1ヶ月にわたる断食月の終わりを告げるお祭りらしくタクシーもあんまり出ていないそうで。
結局同じ系列の「シャングリ・ラ・ラサリゾート」に向かうシャトルバスに乗せてもらい
途中で降ろしてもらう事になりました。
もちろんタダー、ラッキー。

サンデーマーケット

旅行者も地元の人も賑わうサンデーマーケット。

サンデーマーケット

アジアにおなじみの「ドラもどき」もいたよ!

サンデーマーケット

野菜も販売。
食べ物から日常品からハムスターやら金魚やら犬とか猫とか
美容品とかいろいろ何でも売っていてマレーシアに触れた感じがします。
が、中国系のお店が多かったです。


 コタキナバルの街を散策 

コタキナバルの街並み

その後はせっかくダウンタウンに来たんだし散策がてらお土産も買って帰ろう〜と
「センターポイント」と言うショッピングモール(センター?)を目指して歩きます。
お祭りなのでか日曜だからかほとんどのお店のシャッターは閉まっていて寂しい感じ。

歩きビール

のどが猛烈に渇いたので柄の悪い旅行客に見えないだろうか〜と躊躇しつつも
欲望にあらがえずコンビニでビールを購入。
どちらも7RM(¥210)くらいだったと思います。
ちなみにANCHORはシンガポールのビールで、
SKOLはブラジルのビールだとか。


 順泉茶室でランチ 

マレーシアのローカルなお店でも食事をしたいな〜と調べていたら
こちらのサイトで紹介していたお店がセンターポイント近くだったので
立ち寄ってランチしました。

お店に入って席に着くとおじちゃんが来てくれたのでまずはビールを注文。
メニューをお願いしたら「無いよ〜フォフォフォ〜っ」て感じで
壁に貼ってある写真を指さすので指差し注文してみました。
ちなみにその写真メニューは漢字表記でした。

順泉茶室

皮蛋水餃麺(だったと思う)

順泉茶室

サイトでも紹介されていたミースープ。

順泉茶室

青唐辛子の酢漬けとか辛いキムチみたいなタレとかもお好みで。

順泉茶室

ビールをもりもり飲んでいる人多し!
皆さんテーブルに半ダース以上並べてました。
イスラム教の方が多いお店で堂々とビールを飲めるお店って少ないのかな。

量も小ぶりで軽食にちょうどよく、スープもしっかり出汁のさっぱりで美味しかったです。
でもこれを食べてるとマレーシアに来ている気がしない。
香港にいるみたい〜。
お店の人は中国語も話せました。

お会計はおぼろげだけど20〜30RM(¥600〜900)
くらいだったのでは無いかと思われます。
もちろん二人で。ローカルなお店は安い〜!!


 買ったものをちょこっと 

センターポイントはお祭り後のコタキナバルの若者達で大変なにぎわいでした…。
ここだけなんでこんなに人がいるの?!ってほど。
中にスーパーマーケットがあったのでそこでお土産とホテルで飲む飲み物を購入して
タクシーでホテルに戻りました。

ちなみにコタキナバルのタクシーはタクシー乗り場でひろいますが、
メーターは無く基本交渉。と言うか大体の値段が決まっていてそれを確認する。
みたいなシステムらしいです。
このホテルへ戻るタクシーは20RM(¥600)でしたが、
その後乗ったタクシーは15RM(¥450)でした。
15RMが相場と思われます。

買ったもの

センターポイントでジントニック用のジンを探すも見つからず
ようやく見つけたのがこのマレーシア製のジン。
一本12.40RM(¥372)と激安!!
お味は・・・ジンでは無い香りと味です。
ソーダ水で割っただけではごまかせず、コーラも入れてみましたがデコイチさんご不満。

この後ホテルの売店でゴードンのジンを発見しましたが¥5000近くしたので
デコイチさんには涙を飲んでもらいました。
やはりイスラム教の国です。お酒(特に外国のもの)はかなり割高なようです。

買ったもの

こちらはサンデーマーケットで買ったココナッツ100%のオイル。
Hお姐さんにサイパンの同じ様なココナッツオイルをもらって使ったら
すこぶる良かったので同じ様なものを探していたのです。
せっかくなので大きめのものを購入。ひと冬もつかな。
ちなみに飲んでも大丈夫なほど体には安全らしいです。
これは多分55RM(¥1650)くらいだったかな。

買ったもの

それとこれが非常に欲しかったのです。
スパイスミル。18RM(¥540)でした!安い〜!!
中国系のおじちゃんおばちゃんのお店で購入。
少量のスパイスをゴリゴリしたりにんにくや唐辛子をすりつぶしたり。
小ぶりなので使いやすそうです。
重くなければこれを皆にお土産にしたかった・・・。
けどひとつで限界です。ごめんね。


 またまたホテル散策 

夕ご飯はホテルのプールサイドレストランで食べようか〜と計画していたので
メニューのチェック&予約がてらキナバルウイング方面の桟橋を散策。

ホテル散策

たそがれている様に見えるデコイチさんですが、視線の先には蟹がたくさんいます。
どうやってその蟹を捕るか真剣に考えている35歳♂です。

ホテル散策

南国には不思議な花がありますね〜。
これはヤシの木の様な木の途中からオリーブの様な実が成っている植物。
寄生してるのかと思いきやこうゆう植物らしいです。

ホテル散策

マリーナがありました。
ここから無人島に向かう船が出ています。
往復一人45RM(¥1350)だそうで、一時間に一本くらいの割合で出てるみたい。
シュノーケルの道具とかも借りられます。
行けたらいいなー。

ちなみに暗いの雨雲のせいです。
天気が悪いのー。

ホテル散策

ホテルでは結婚式も行われてるようです。
こんなガーデンウェディングも素敵〜。
でもシャンパン人数分、ワイン人数分はエライ高くつきそうだ・・・。

サンセット

レストランの予約時間までまだあったので一旦部屋にもどると
間もなくサンセットが始まる様子だったので慌てて外へ。

サンセット

お天気がお天気なので真っ赤な夕焼けにはなりませんでしたが、
ヤシの木とブランコがすてきなムードです。

サンセット

静かな波の音が広がって幻想的なひとときでした。


 Coco-Joe’sで記念日ディナー 

この夜は昨日の仕切り直しで結婚記念日ディナー。
そう言えば去年も翌日に仕切りなおしたような・・・笑。

ホテルの中にあるイタリアンもいいかなと思ったけど、
あんまり気取るのもなんだかなと私達らしくカジュアルな感じで!

サンセット

まずはジントニック/24RM(約¥610)で乾杯!!
もちろんホントのジンの味がします〜。

Coco-joes

前菜にシーザーサラダ/35RM(¥1050)。
本当にここのホテルの生野菜は新鮮で美味しいです。
これはアジアに行ったら予想外の嬉しさです!

Coco-joes

そしてメインは、「Steam Boat」。
しゃぶしゃぶです。二人前で146RM(¥4380)。
この量は二人前ではありませんよ〜!3人で食べてもokの盛りの良さ。

エビ、イカ、白身のお魚、鶏肉、牛肉に、
クレソンみたいな青菜とキャベツ、もやし、青梗菜、豆腐、お団子、春雨と具だくさん。

スープはトムヤムとチキンの2種類から選べたのですが
迷っていたらおしどり鍋にしてくれました。
「辛いのが大好きなのです」と伝えたらトムヤムの方も辛さをUPしてくれた様子。

Coco-joes

唐辛子入りの醤油ダレ、レモングラスソース、にんにく、しょうがと
お好みの調味料を混ぜながら頂きました。

ただでさえ鍋好きの我が家。
大汗をかきながら箸もレンゲも止まらずに
ロマンチックディナーとは遠くかけ離れながらも非常に美味しく頂きました。
特にやっぱり美味しかったのは海鮮!
新鮮で柔らかかったです。
きっとシーフードが美味しいレストランなんだろうなぁ。

この後もデコイチさんがジントニック×2、ウォッカソーダ×1、
ワタシが食後にアイスコーヒーでTAX&サービス料込で
トータル351.9RM(約¥10600)でした。
結構いいお値段ですがお酒を飲まなければ¥6000くらいなんだからリーズナブル。

パンパンのお腹をさすっていると突然のスコールが来て、
レストランの雨よけが下げられしばし待つもなかなか止まないので
傘を借りて帰ろうとしたら幌付きのカートでホテルの入口まで送ってくれました。
ちゃんと雨の時の対策が出来てることに感動でした。

この日から7年目がスタートするワタシ達です。
これからも仲良くしようねー。


2009年 コタキナバル旅行 到着の日

JUGEMテーマ:旅行

2009年9月19日(土)

今日こそはコタキナバル!
早めに空港に着くべく行動開始です。

ワシントンホテル 朝ブッフェ

朝ご飯が一番おいしかった!
なので食べすぎ・・・。


 またもやトラブル  (長文なので興味の無い人は飛ばしてください〜)

コタキナバル行きの飛行機が11:10発→12:00発
(本当はこの50分だって惜しい)になり、
チェックインが10:00スタートとの事だったので
シルバーウィーク初日だし今日発の人と昨日発の人で混み合うだろううと
ホテルが用意している8:40発のシャトルバスで空港に向かいました。
ちなみにマレーシア航空が用意したシャトルバスは7:30発&9:30発。

今回の飛行機はコタキナバル経由クアラルンプール行きだったのですが、
どうやらクアラルンプール行きの方達はもっとずっと早い飛行機が用意されたそうです。
7:30発のシャトルバスは多分そちら用。

9:00に空港に着くともうチェックイン出来るそうで、既に長くなっている列に並びます。
無事チェックインも完了すると搭乗ゲートの集合時間が10:40となっていてびっくり。
空港が混雑するので早目の集合にしたそうで、それならばと快諾。
でも9:30発のシャトルバスで来る人は
空港についてチェックインをした時点でそのくらいの時間になると思われ。
その辺りも先をきちんと考えてないなぁと思っていたのですが。

12:00発の飛行機だったら11:40くらいからは遅くても搭乗スタートよねと待つも
アナウンスはかからず。
ゲート前で待っているとスタッフの女性に少し遅れるので
もう少し座ってまっていてみたいな事を言われたので渋々椅子に座って待つこと40分ほど。
おかしいなぁ。でもチェックインしたんだから飛行機飛ぶよねぇ。
でも一分でも早くコタキナバルに行きたいんだけどぉー!と若干イライラしていると

「飛行機の整備の為、17:00のフライトになります。」

とのアナウンスが。

乗客一斉に激怒。
搭乗ゲートには説明を求める人人人。

ワタシもこれには堪忍袋の緒が切れてしまい、直接航空会社に電話して保障を確認しようと
搭乗ゲートにいるANAの女性スタッフに「マレーシア航空の連絡先教えてください」
と尋ねると(関空ではなのか今回だけなのか、
マレーシア航空の地上での対応はANAに委託しているらしい)

「私どもには分かりかねますので各自WEBサイトから連絡先を調べてください。」

なんて言われましてー!
ハァ?!と思いましてー!

その後もANAの責任者(男性)が事情を説明し、
マレーシア航空の責任者の人も事情を説明し、
その二人が頭を下げている裏でニコニコ笑いながら話をしている女性スタッフに激怒。
ANAの男性に昨日からの態度の悪さを伝え、
責任者としてきちんと教育するようにお願いしました。
その後の女性スタッフはむやみやたらに笑顔を見せなくなりました。
おそいっつーの!

なんだか「だってこれANAじゃないしー、マレーシア航空のトラブルだしー」
「あーあ、こんな便の担当になってついてないなぁ、アタシ達」って態度がミエミエで
皆に迷惑をかけてるって事が全く人ごとな態度だったのです。

だから
「ANAさんがマレーシア航空のお手伝いをされてるとは思いますが、
窓口に立っているのはANAさんなわけだし、
彼女たちのお給料は私達が購入したチケット代から出ているわけでしょう?
もっと自分たちのお客様という誠意をもって対応するように教育してください。」
とクレームを入れたわけなのです。

その後マレーシア航空の支配人から賠償責任に関する文書が出て
(これも皆が怒って詰め寄ったから出たわけで、非常に対応が遅い)
一応騒ぎは落ち着きなんとか17:00に飛行機は飛ぶことになったわけです。


 やっと出発 

マレーシア航空 機内食

マレーシア航空の「機上での」サービスはとっても気持のいいものでした。
ご飯も今まで乗ったどの航空会社よりも美味しかったし!

飛行機より 夕暮れ

お昼の飛行機だったら見える予定じゃ無かった夕焼け。

飛行機より 夕暮れ

この龍の様な雲はたぶん雷雲。
この後あっという間に夜の闇に包まれました。

映画を観て、ゲームをしてと快適に過ごすうちに5時間のフライトは終了。
コタキナバルに着陸。


 空港からホテルへ 

コタキナバルに到着したのは現地時間夜9時。
空港は最近新しくなったそうでとてもきれいです。
独特の東南アジアのにおいも無かったです。

荷物を取って、2軒開いてる両替所の空いている方で両替。
多分混んでいる方がレートがよかったみたい。
1RM=¥30でした。
Yahoo為替で調べていたら、1RM=¥26くらいだったので
手数料を入れても¥28くらいかなぁと思ってたからちょっとがっかり。

ホテルまでは空港からタクシーに乗ろうと思っていたのでタクシー乗り場へ行き
タクシーに乗り込むとタクシーチケットが必要と言われる。
空港の両替所の並びにある「AIRPORT TAXI」で行き先を伝えて各々の値段を払ってチケットを受け取り、それをタクシーの運転手に渡すシステムなようです。
ちなみにシャングリ・ラ・タンジュンアルまでは30RM(約¥900)でした。
いくら空港タクシーとは言え15分も乗らないのに、物価と比較すると結構高いです。


 結婚記念日ディナーはルームサービス 

やっとホテルに到着〜。
チェックインして食事・・・と思ったらレストランのラストオーダーの時間も間近だったので
ルームサービスで軽く記念日ディナーとすることにしました。

が、これが結構なボリュームで!
ひとつで十分だったなぁ。

ルームサービス

Soto Ayam / RM37.00

チキンスープに肉団子と春雨と茹で卵ともやしが入ったスープです。
あっさりです。


ルームサービス

Mee mamak / RM39.00

マレーシアのインド風焼きそば豆腐と野菜とチキン入り。
と説明がありました。
エスニックなナポリタンといった感じでとても美味しかったです。
が、何せ量が多い。

私が止めなければ深夜近いってのにデコイチさんは完食していた事でしょう・・・。
危ない危ない。

結婚記念日の乾杯

シャンパンでも注文しようかーとか言ってたけど、
日本のレストラン並みのお値段だったのでMINI BARのビールで乾杯。
でもこのビールもRM23.00(約¥690)。
東南アジアなのにびっくり価格ですー。

眠気と闘いながらもスーツケースの荷物を片づけてお風呂に入って就寝。


2009年 コタキナバル旅行 長い長い一日

JUGEMテーマ:旅行

2009年9月18日(金)

コタキナバルに向けて出発の日。
この日をどれだけ待っていたことか!

朝は5時前に起きて支度をして最終パッキング。
6時過ぎのバスに乗って駅まで。
梅田まで出て7:20の空港行きのバスに乗って関空に着いたのが8:20前。
マレーシア航空のチェックイン開始が8:40からだったので早めに並ぶこと3組目。

8:40になっても始まらないチェックイン、ざわつく女性スタッフ・・・
以後はここで。


 551蓬莱@関空で朝ご飯 

関空にて 551蓬莱

朝ご飯を食べてなかったので、楽しみにしていた「にぎわっ亭」に行こうと思ったら
お店が無い・・・!
かなりおにぎり&肉吸いバラだった私達。ずどーんとへこみます。
ただでさえ(ワタシの)機嫌は急下降なのに!!

とりあえず何かお腹に入れないともっとイライラしてしまうと目についた551蓬莱へ。
そしてもちろんビール!
飲んで少し気分をほぐさないと!
餃子に豚まんにシュウマイで朝ご飯だかなんだか分からない食事をして
この時点で10:00過ぎでしたが、「13:00まで」待機ホテル行きのシャトルバスを
ひたすら待ちました。


 関西エアポートワシントンホテル 

ワシントンホテル

ドナドナのように連れてこられたのは「関西エアポートワシントンホテル」。
キレイですが周りに特に何もないいわゆるビジネスホテル。
ホテルの部屋に入ると一目散にベットにもぐりこむのはデコイチさんの習性。

ワシントンホテル 昼ブッフェ

14:00までに入らないと!
とランチバイキングのレストランへ。
けれど時間がぎりぎりだったのでなんて言うか寂しい感じでした。
関空で使える¥1000分のミールクーポンもらった方がよかったのかな。
でも追加料金払うのも超癪だしなぁ。

とりあえずお腹を満たして、ホテル内にあるファミマ(便利でした!)で
缶チューハイとかビールを買ってお部屋でごろごろしつつ待機。

ワシントンホテル 夜ブッフェ

・・・結果、飛ばなかったので夜もホテルのブッフェ。
メニューはだいぶかぶりますが、目玉はこのお肉!
焼き立てを出してくれる上に食べ放題ってのがうれしいですね。
通常はこのブッフェ、¥3000/人だそうで!
ワタシだったらコンビニでおでん&おにぎりかなー。

この後もコンビニで缶チューハイを買って部屋飲みして
することもないので早々に就寝しました。

翌日はシルバーウィーク初日で関空も激混みだろうから、
早めに空港に行ってチェックインします。


朝から雨〜

JUGEMテーマ:旅行
 
完全な雨

朝起きてドキドキしながらカーテンを開けたら雨。

スコールではない、完全なる雨(涙)。

今日はのんびり読書とかブログの更新とかして過ごすと思います。
街に出るのもなぁ〜。

日本はお天気なのかな?
皆様、素敵な休日をお過ごしください〜


着きました、KK!!

JUGEMテーマ:旅行

コタキナバル到着

昨夜10:00過ぎにシャングリラ・タンジュアルに到着しました〜。
ふぅ〜

滞在中ずーっと雨の予報のKKですが、
今のところ晴れています。
このままもつといいなぁ。

これからサンデーマーケットに行ってきます。


足止め

JUGEMテーマ:旅行

ワシントンホテル
 
ええと・・・

結局足止めに決定。
関空近くに用意されたホテルにいます。

それにしてもマレーシア航空の対応は悪かった。

8:40に開く予定のチェックインカウンターが9:00に変更になり、
最終的に開いたのが9:30。
その後飛行機のトラブル(詳しい説明なし)で用意したホテルに待機して欲しいとのことで
しぶしぶ承諾するも、そのホテルまでのバスが準備できるのが13:00!!

この時点でハァ??でしょ〜?!

ホテルでランチを取ってくださいと言われていたのでその旨をフロントに伝えると
ランチバッフェは14:30でCLOSEで14:00までに入って下さいですって。
ホテルに着いたのが13:30頃なんですけど〜。
もうほとんど何も残っていないバイキング料理をつつきましたがな!

さらに、フロントの方に「飛行機が何時に飛ぶか、
もしくは飛ばないかは各部屋に連絡頂けますよね?」と聞いたら
人数が多すぎて全員に連絡は不可能なのでフロントに各自確認してもらうか
ロビーに運航状況を貼り出すので各自確認して欲しいって。

結局、デコイチが2時間後ロビーに降りて確認したら
明日の便のスケジュールが貼り出されてました。

急な事態に空港のスタッフの人たちも対応しきれなかったようだけど、
正直誠意ある対応には感じられませんでした。

ちなみに!

今回一泊分はキャンセルになったわけですがその分は航空会社では「免責」だそうで。
ええ、もちろん帰ったらクレームです。
「免責です。」の一言で片づける、
「私たちにも(飛行機の)情報が全く入ってこない状態なんです!」
と言い切るスタッフさんの姿勢が気に入らないわ。
お客様に迷惑をかけた事を心からお詫びしてくれてきちんと説明してくれれば
クレームは格段に減ると思うのです。

シャングリラホテルの日本人スタッフの方がフライト遅延を聞きつけて
マレーシアから携帯に電話をくれた気使いが余計に染みわたりました・・・。


長々と愚痴ってしまいましたがそんなわけでまだジャパン。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座