スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.01.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

シドニー旅行 お買い物編

JUGEMテーマ:旅行

シドニー旅行記、終わったかに見せかけといてもういっちょ。
お買い物編でございます。

今回ゆっくりお買い物って時間も無いし、
お店は割と早くクローズするしって事で営業時間が長いスーパーでお買い物を楽しみました。
私が足しげく(ホントに(笑))通ったのは、ホテル近くにあるcolesでした。 

2010年シドニー旅行 お土産編

これは見かけるたびに悩んでて結局最終日の朝購入。
パンケーキです。
トルティーヤと共に色んな種類が売られていて、とっても美味しそうだったんだもの!

2010年シドニー旅行 お土産編

帰国後、ハンターバレーのポーチドエッグをイメージしつつ作りました。
↑で入手したパンケーキにのせて。お味は・・・ふつう(笑)
パンケーキは自分で作った方が確実に美味しいと思いますが、見た目がいいよね。

2010年シドニー旅行 お土産編

オイルサーディンも安かったしこちらの種類も豊富でした。
まだ食べてないの。
・・・ってか買ったこと忘れてた(笑)

2010年シドニー旅行 お土産編

こちらはティーバックタイプのコーヒー。
さすがコーヒー大国ですね!

ガイドブックでチェックしていたのですが、N家妻に一箱頂きまして。
さらにスーパーでも見つけてGET。
少なめのお湯で淹れるととっても美味しく出来ます。
ケチってお湯をたっぷりにすると残念なお味になるので注意。

2010年シドニー旅行 お土産編

モカチーノのインスタント。
すっごい泡がモッコモコでてびっくり!
もうちょっと寒くなったらもっと美味しく飲めそうなので楽しみにとっておきます。

2010年シドニー旅行 お土産編

デコ姉のチビ達にと分かりやすくコアラのお菓子。
箱もカワイイ。

2010年シドニー旅行 お土産編

コアラっていうかどう見てもクマだわ(笑)
後ろにチョコレートがコーティングされてます。
しっとりリッチなとっても美味しいチョコケーキでした。
ホワイトチョコバージョンもありました。
お土産におススメ。

2010年シドニー旅行 お土産編

オーストラリア鉄板土産のティムタム!
結局コレが一番買いやすいのです・・・。
西友でも入手出来ますが(汗)出来るだけ日本でみないようなフレーバーを2種。
手前のHONEYCOMB、クランチが入っていてほんのりハニーで激ウマでした!

2010年シドニー旅行 お土産編

こちらはアーモンド。
今女性に良質の油分として人気ですね!
イマイチ何味か分からなかったのですが、購入してみました。
お家に帰って食べてみたら、ナニコレオイシー!
お酒のお共にたまらない味でした。ウイスキーとかに合いそう。

2010年シドニー旅行 お土産編

colesブランドのホワイトソースとチーズソース。
未だ未使用です。って言うかブログ書いてて思いだした!

2010年シドニー旅行 お土産編

帰国日に数多あるチーズの中から選んだのは
包装が箱入りだったからとCREAMYの文字にひかれたから。
他にもダブルクリーミーみたいに書かれたのがあったのだけど、
さすがに一日かけて帰るし日本まだ暑いしと断念。
あっさりした美味しいチーズでした。

2010年シドニー旅行 お土産編

これはハードタイプも欲しいなと選んだ一品。
「HAVARTI」と見たことの無い種類にひかれました。
「HAVARI(ハバティー)」はデンマークで作られるチーズの様です。
が、パッケージには「Australian」の文字が。
癖も無く、こちらも美味しく頂きました。

2010年シドニー旅行 お土産編

他にはアンチョビのビン詰とか。
こちらもまだ未使用。なんだか美味しそうでしょー?

2010年シドニー旅行 お土産編

それからこれはcolesブランドのコアラクッキー。
これもサクサク軽めのクッキーに裏はチョココーティング。
見た目も味も価格も(笑)満足のクッキーです。これもおススメ!

2010年シドニー旅行 お土産編

後は前出ですが大事に大事に運んだワインズ。
今現在、残り3本デス。

シドニー3日目 モスマン&シティ

こちらも前出のバーム。
使用中ですが非常にいい感じです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

これも改めてパッケージが薬っぽくてカワイイなー。

シドニー3日目 モスマン&シティ

コレ、使い始めました。
ふつうの歯磨き粉の味です。キャップが閉めるタイプなのがちょっと面倒(笑)

シドニー3日目 モスマン&シティ

こちらも使い始めてます。
即効性は分からないけど、治る気分になれます。

2010年シドニー旅行 お土産編

そーしーてー、大ハマリした「diva」のアクセサリー!
私はアクセサリーではピアスが一番好きですが、
その中でも大ぶりピアスが大好きなのです。
divaはそんな私の欲しいものとお財布事情を100%満たしてくれるお店でした。
シドニー中に支店があるようです。
AU$5くらいからカワイイものが見つかります!ここもとってもおススメ。
今回のチョイスの傾向としては「羽モノ」だったようです(笑)
また行きたいーーーー!


これで本当にシドニー旅行記、絞りつくしました!
振り返っていろいろ調べながら書いてくるとホントすぐに行きたくなってしまいます(笑)
また頑張ってお仕事して旅費を貯めねばネバ。

次回の更新からまた日常に戻ります。
長々お付き合い、本当にありがとう。


シドニー最終日

JUGEMテーマ:旅行

さあいよいよ最終日です。

この日は14時のフライトだったので、お昼頃ホテルを出る予定。
なので朝ごはんを食べに行ったのは3日目に訪れた「pieface」。
サンドイッチも美味しそうだったので、再訪しました。

 piefaceで朝ごはん 

 シドニー最終日

悩んで悩んでやっぱりチキンマッシュルームパイ。
デコイチさんのサンドイッチもとっても美味しかったです。

シドニー最終日

足早に急ぐ通勤ラッシュの人々にチラ見されながら(笑)
意地でも外の席で朝ごはんを!

シドニー最終日

その後はまだ時間があるしとお散歩。
本当に街並も建物も綺麗で眺めて歩くだけで楽しかったです。

そして最後のcoles(笑)を堪能し、
パッキングを終え、ホテルをチェックアウトしてTAXIで空港へ。
ガイドブックには$35くらいと書かれてましたがほぼ$50かかりました。
現金ぎりぎりだった…!


 ランチもしっかり食べます@「sumosalaD」 

シドニー最終日

空港に着くと調度お昼時。
で、こちらは最後の最後のシドニーでの食事。

シドニー国際空港のフードコート、充実してました。
なににしようかぐるぐる歩いて決めたのがこのラップサンド。

sumosalaD」というお店でした。
オーストラリア中にフランチャイズの支店があるみたいです。
お野菜たっぷりでとーってもヘルシーなのに食べ応えがあって、
とっても美味しかったです。
そう言えばスーパーでやたらこのトルティーヤが売られていました。
きっとサンドイッチの様に日常的に食べるんだろうなぁ。いいなぁ。

それからサイドメニューに、「Hungry Jacks」の「Angry Onions」。
「Hungry Jack」はオーストラリアのファストフードであちこちに支店がありました。
このオニオンフライもなんとなく買ったのだけど、
ガーリックが効いていて結構な辛さで美味しかった!

空港でこんなに美味しいものが食べられるなんて!と感激。
きっとシドニーの人はとっても美味しいものに対してシビアなんだろうなと思います。
最後の最後に美味しいものが食べられていい締めくくりだった!

えっと実は前日の鼎泰豊でカメラの電池が切れまして、
その後の写真は携帯からだったのです。
そして携帯の電池もシドニー空港で切れ・・・

帰りの便はさすがにコタキナバルに寄ることなく(笑)
クアラルンプールから直行で関空に飛びました〜

なんだか尻すぼみになってしまった感が否めませんが、
シドニー旅行記はこれにて終了。
長々とお付き合いいただきありがとうございました!

シドニーがこんなに楽しかったのも、大好きになったのも、
アテンドして一緒に過ごしてくれた友人夫妻のおかげに他なりません!
本当にありがとう!
ぜひまた近々遊びに行きたいとホンキで思ってるのでヨロシクねん♪

それからもうひとつ。
今回の旅行記のキレイな写真はN家旦那サマのデジイチによるもの。
横で撮った写真はほとんどそうだと思います。
デジイチ、いいなー。
パナソニックのだったんだけど、私もものすごーく欲しいよう!
ねぇ、デコイチサマ!?




シドニー4日目〜後編〜 オペラハウス&パブ&鼎泰豐

JUGEMテーマ:旅行

4日目後編。いいペース!

============================-

フィッシュマーケットを後にTAXIでサーキュラーキーへ。
歩いても行けます。多分歩いたら40分くらいかな??
シティは街が小さいのでガシガシ歩いても楽しそうです。

 オペラハウスへ 

シドニーと言えばこのオペラハウスと言うくらい有名ですね!
1973年に建設されたこの建物は、デンマークの建築家ヨーン・ウットソンのデザインによるもの。
なんと14年もの歳月をかけて建設されたんだとか。

シドニーオペラハウス

この複雑な独特のデザイン、実は組み合わせると球体になるそうです。
建築家ってすごいね。

シドニー4日目後編 オペラハウス

シドニーに来たからにはここで記念撮影をせねばね!

シドニー4日目後編 オペラハウス

オペラハウス前にあるカフェからはハーバーブリッジが正面に見えます。
夕暮れ時でとってもキレイ。

シドニー4日目後編 オペラハウス

旦那ズはビールなんて飲んでまったり優雅に・・・

とその間、妻たちは「diva」に夢中(笑)
私がColesと同じくらいハマったお店です。紹介はのちほど。


 「The Lord Nelson Brewery Hotel 」でパブを体験 

オペラハウスも堪能したしと、次はN家旦那サマお気に入りのパブに連れて行ってもらいました。
サーキュラーキーから歩いて15分〜20分ですが、
街並がとっても綺麗なのでキョロキョロしてたらあっという間です。

シドニー4日目 最古のパブ

到着!

シドニー4日目 最古のパブ

The Lord Nelson Brewery Hotel(ロードネルソン ブリュワリー ホテル)」です。

パブなのにホテル?
オーストラリアのパブは「ホテル」とつく所がたくさんあります。

それは開拓時代に、夜遅くのお酒の販売を禁止する条例が出されましたが
例外として旅人を宿泊させている「ホテル(宿泊施設)」だけは、
宿泊客に対してのみお酒を売ってもよいという規則があったそうです。
そこで多くのパブのオーナーが、店の上階に簡易宿を設置し、
夜遅くまでパブの営業ができるようにしたからです。

現在は「ホテル」の名前だけ残っていてパブとしてだけ運営しているお店が多いみたい。
でもここはいまだ宿泊施設があるそうです。
さらにこのパブはシドニー最古の由緒あるパブだそうです。

さあ入ってみましょー!楽しみ!

シドニー4日目 最古のパブ

注文はキャッシュオンデリバリー。
もちろん歯が立たないので旦那ズにお任せ〜

こちらのビールは6種類。全て天然素材100%の自家製だそうです。
しかも「beer/ビール」じゃなくて「ale/エール」と表記されています。

調べてみると、ビールは「ラガー」と「エール」に分けられ、酵母が違うそうです。
ラガーは低温発酵(15℃以下)ですっきりとした味わい。
エールは高温発酵(18〜24℃)で発酵するため「エステル」という
果物に似た香りの物質が多く発生しフルーティな香りが強いのが特徴だそうです。
イギリスやベルギーではエールが主流だとか。

6種類あるどれを飲んだか未だに不明ですが、
未だかつて飲んだことの無いようなビールに衝撃を受けました。
スッキリしてて本当に香りが華やかでもんのすごく好み!美味しかったぁ。

私はベルギービールの「ヒューガルデン」が好きなのですが、
なるほど、今思えばきっと好みなんだなぁ。
ワタシはエールが好きなんだなぁ、きっと。
それだったらきっと、プレミアムモルツもエール寄りだと思う。

シドニー4日目 最古のパブ

何かおつまみもね〜と言いたい放題の妻たちのリクエストに注文してくれたのがコレ。
なんだろ、おつまみ盛り合わせ的な?

コレね、見た目は茶色なんだけど激ウマウマウマ!だったのですよ。
特にパンが。
こちらのビールに使われている酵母?ビールそのもの?が入っている自家製パン。
ほんのり甘くて香りが深くてチーズとビールにガッチリ合いまくりでした。
ああまたここ行きたいなぁ〜

シドニー4日目 最古のパブ

店内はこんな感じ。
アジア人をほとんど見ないそうです。入るのに勇気がいるわ〜!
でも店内はあっとホームな感じ。
週末は夕方からとっても混むそうです。平日の午後ってステキ。

シドニー4日目 最古のパブ

コースターもイギリスっぽい。・・・もらってくればよかったー。


 最後のディナーは鼎泰豐にて 

パブを出ると、夕飯には早いし解散にも早いびみょーな時間。
お腹も空いてないし、どうしようかと相談した結果、「飲茶ならいけるよね!」と
シティにある鼎泰豐に向かいました。

シドニー4日目 鼎泰豐

おお、懐かしい感じ。

シドニー4日目 鼎泰豐

店内もアジア人多し!

シドニー4日目 鼎泰豐

定番の小龍包と鳥のスープ、青菜、チャーハンを注文。

シドニー4日目 鼎泰豐

皆お腹が減ってるわけでもないのに、目の前に来たらバクバク食べちゃう(笑)
デコイチが生姜の追加を中国語で言ってるの聞いて、習慣って抜けないんだなあと思いました。

そう言えばシドニーにはチャイナタウンもあるのよね。
次回はぜひぜひチャイナタウン散策にも行きたいなぁと思いました!


 シドニー最後の夜はお部屋でカンパイ 

友人夫妻と最後の抱擁を交わし(本当にお世話になりました!)、
まだお腹がパンパンだったので夜のシドニーを散策しようとブラブラ。
足りないお土産を買いにスーパーに言ったり、ウインドウショッピングをしたり
(と言うのもほとんどのお店が閉まってるからね!)。

そしてお部屋でスパークリングを飲もうぜ!とボトルショップを探し当てGET。
最後の夜はお部屋で乾杯となったのでした。

シドニー4日目 最後のバブル

オーストラリアメイドのスパークリングでした。
美味しかったよー。

ちなみにオーストラリアでは日本の様にスーパーやコンビニでお酒が売っていないそうです。
「ボトルショップ」といういわゆる「酒屋」さんで購入します。
ボトルショップはパブや大きなスーパーなどのお隣にあることが多いそうです。
そう言えば私たちが見つけたボトルショップもパブの隣だったなぁ。

日本ではあまり流通していないオーストラリアワインがたくさんあって(そりゃあそうだ)、
ワイナリーに行けなくてもここでお土産が揃えられるっ!と思いました。

カンパイ後、デコイチさんはいつものごとく早くもベットの住人になってしまったので
私はパッキング開始〜
明日はとうとうシドニーを離れます。


最終日につづく


シドニー4日目〜前編〜 ハイドパーク&フィッシュマーケット

JUGEMテーマ:旅行

4日目の朝。
旅行先の楽しみは朝ごはんからはじまります!

リゾートホテルのビュッフェ、
旅館の朝ごはん、
地元のお店でテイクアウトしてもいいし、
名物を開店同時に入って食べたりも。

今回、実は日本でも大人気の「bills」に行こうと思ってました。
シドニーが本店なのです。
でも、旅行中ご馳走を食べすぎて膨満感・・・
残念だけどbillsは諦めて、テイクアウトしてハイドパークで食べようと言う事になりました。

 ハイドパークで朝ごはん 

シドニー4日目 ハイドパーク

ハイドパークは1810年に造られたシドニー中心部にある大きな公園で、
美しい芝生と並木道などで地元の人たちのお散歩スポットして人気だそうです。

シドニー4日目 ハイドパーク

また珍しい鳥がいました。

シドニー4日目 ハイドパーク

鳥と魚に目が無いデコイチさん、鳥と見ればです(笑)

シドニー4日目 ハイドパーク

私の朝ごはんはホウレン草のマフィンと紅茶。
ホウレン草たっぷりで結構なボリューム!日本には無い味だなぁ。
美味しかったです。

シドニー4日目 ハイドパーク

デコイチさんはサンドイッチ。
シドニーのパンはどこで食べても美味しくて、デコイチさんは幸せそうでした。

シドニー4日目 ハイドパーク

セントメリーズ大聖堂を眺めながらの朝ごはん。

シドニー4日目 ハイドパーク

シドニータワーも見えます。
 
ホテルからお散歩がてら歩くのに調度いい距離の公園でした。
が、結構周りはテイクアウトのお店不毛地帯かも?
「あのお店で美味しいものをテイクアウトして・・・」と調べていった方が良かったな。
事前リサーチが大好きなワタシなのです。


 ダーリングハーバーを抜けてフィッシュマーケットへ 

友人夫妻とはお昼前にホテルで待ち合わせ。
N家旦那サマはこの日丸一日お休みを取ってくれました〜ありがとう!

この日はいよいよ、私が絶対シドニーで外せないっ、
外すわけにいかないっと熱く願っていたフィッシュマーケットへと向かいます!

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

シティから歩いても行けます。
ピルモント橋を渡り、ダーリングハーバーを抜けて行きます。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

ダーリングハーバーは、
かつて貿易港として栄えのちに工場や造船所の残骸が立ち並ぶ廃墟と化した場所を
1988年に建国200年を記念して大規模に再開発されたそうです。
そうそう、カジノがあるのもここダーリングハーバーです。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

現在は海沿いにお洒落なお店やレストランが並んでいて、
その中でもシドニー水族館は大規模な水槽でオーストラリア近海の生物を見る事の出来る
人気の観光スポットだそうです。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

港のすぐそばには高層ビル群。
それにしても綺麗な町並み。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

見るもの見るものが新鮮でキョロキョロしながら歩いていたら着きました、

シドニーフィッシュマーケット!!

ヒュー!

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

入り口付近。
キッチングッズのお店が手前にあって、結構見応えがありました。
海外のキッチングッズは需要が違うから面白いです。
それからちょっとした魚っぽいお土産も売ってます。
ここでいろんな魚図鑑みたいなポスターをデコイチさんが気に入ったのに
買い忘れました・・・。ごめんね。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

市場の中はこんな感じ。
アジア人が多く、どこの国にいるのか錯覚します(笑)
激混みのフードコートのさながらです。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

お魚も多種多様。
日本では高額なお魚が安かったりするのも驚き!

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

魚の並べ方も違いますね〜面白いなぁ。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

どのお魚も新鮮でキラキラしてます。
よほど小さな魚でなければ頼めば捌いてくれるみたい。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

さあ、本命エリアへ(笑)
鼻息が荒くなります!フガフガ!

満足するまで食べたいとの私のリクエストで、一人一ダース(12個)を購入。
2種類のオイスターを2ダースずつGETしました。
種類にもよりますが、大体AU$15くらい’(日本円で約¥1,300)。安い!

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

もちろん調理されたシーフードも売られています。グリルとかフライとか。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

マーケット内にも食べるスペースはありますが、せっかくだから外で!
平日にも関わらずこの人人人。
港沿いの外席は大人気だそうです。そりゃあそうだ。気持ちいいもの!

テーブルがべとべとだったりしますのでウェットティッシュが必須です。
写真中央、ちょっと見難いですがご覧ください。
食べ物をそのままの席を立つと、カモメが一斉に飛びついて来ます。
歩いてる人の食べ物にも飛び降りてきて、食事前のトレイを落としてしまった人も…(涙)

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

テーブルセット中。

マーケット内にはパンもチーズも売っているし、酒屋さんもあります。
昼酒でシーフードでこのお天気だったら間違いなく冷えた白ワインが合いますね!
プラスチックのグラスもお店で買えるそうです。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

ではいっただきまーす!!
きゃーーー、こんなにカキ食べてもいいんっすか???

デコイチさんは牡蠣に対しての愛が私の3分の2くらいなので
いつも私にたくさん譲ってくれます。
そして今回も❤
おかげでたっぷり堪能出来ました。

2種類あった牡蠣は…えっと…種類忘れた(笑)
小ぶりで濃厚なのと、大ぶりで柔らかめのでした。
どちらも美味しくて、今でも鼻から抜けるあの香りがよみがえるぅ〜

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

友人夫妻お勧めのウニも購入しました。
これがねぇ、すっごい昆布の味がするのです。
下に敷いてあるシート、昆布じゃないよね??と何度も確認してしまうくらい(笑)

ウニは昆布を食べて育つから、
ものすごく美味しい昆布をたっぷり食べてるんだろうとの結論にいたりました。
醤油もワサビもいらない、濃厚な香り高いウニでした。
これを超えるウニ、いつ食べられるかなぁ。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

お刺身もね!ってことでマグロとサーモン。
サーモンが美味しいと聞いていたけど期待以上でした。
脂ノリノリ〜!
ホカホカでつやつやの白飯をください・・・

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

お伴の白ワインはお隣の国、ニュージーランドの「essenze」。
スッキリ美味しいワインでした。
4人ともワイン好き&昼酒ラバーなのであっという間に無くなった。アハ。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

パラソルの日陰に魚介とワインを非難してます(笑)

結婚7周年を記念して「ファースト・オイスター・バイト」!

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

「・・・まったくオアツイわね。。。」と思われてた?!

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

カモメだけじゃなくペリカンもいました。
ペリカンの目って迫力あるのね。

シドニー4日目 ダーリングハーバー&フィッシュマーケット

ワインだけじゃ足りなくなった私以外のお三方は追加でビール。
オーストラリアのビール「VB」です。

気候もロケーションも最高の中、美味し〜いシーフードを堪能して超幸せ❤
気軽に来れる友人夫妻をうらやましいを通り越して妬ましくなりました(ウソウソ)。

牡蠣をね、ここでは生牡蠣でしか食べられないけど、
たくさん買ってお家でBBQで焼き牡蠣にするんだって。
そうするといくらでもいくらでも食べられるんだって・・・
いつかワタシも!
ロブスターも食べ損ねたし、また絶対来なきゃだな、シドニー。


それでは4日後半につづきます。



シドニー3日目〜後編〜 いよいよシティへ&家族会!

JUGEMテーマ:旅行
 
ちょっとバイトとお稽古ごとでバタバタしてまして更新が遅れてます・・・
気を取り直して続きです!

 モスマンからシティへ 

バルモラルビーチから友人宅に戻り、荷物を取ってシティに向かいます。
今夜から2泊、お宿はシティのホテルです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

バスで向かいます。
シドニーの?オーストラリアの?バスは乗りこなすのに難易度が高そう。

料金は乗るときに運転手さんに「○○まで」と言うと金額を言われるので
現金(AU$20以下の細かいものがいい)で支払います。
その後レシートをくれます。
さらに「次は〜○○です〜」的な次に停まるバス停のアナウンスは無し。
そろそろかなぁと思ったらボタンを押すんだそうな。むむ・・・難しい。
私達は終点で降りればよかったので、その辺りは気が楽でしたが。

シドニー3日目 モスマン&シティ

シドニーハーバーブリッジを渡って、

シドニー3日目 モスマン&シティ

シドニー中心部に入りまーす!
30分も乗らない内に到着。

シドニー3日目 モスマン&シティ

ホテルはバス停からすぐ。
「The Grace Hotel」です。

シティでのお宿を探すのにいろいろ悩みましたが、
ビーチリゾートのホテルと違い部屋には寝に帰るだけだし、
とにかくアクセスのいいところを!と探しまして。
探していたら、せっかくだからちょっといいホテルにしよっかなぁ。
とか欲が出てきまして(笑)
結局4つ星半のこのホテルでデラックスルームにすることに決定!
hotels.comで二泊で¥36,000ほどでした。
ちなみにシドニーのホテルは結構どこもいいお値段です。

シドニー3日目 モスマン&シティ

チェックインを済ませお部屋に入ると、思った以上に広くてキレイなお部屋にびっくり!
ライティングデスクに、オッドマン付きソファまであります。
色調もシックだけど暗すぎず上品な感じでとっても居心地がいい感じ。

シドニー3日目 モスマン&シティ

早速ネット状況を確認するデコイチさん。
(結局部屋からネットには上手いことつながらず、使えずじまいでしたが・・・)

シドニー3日目 モスマン&シティ

備え付けのものはこんな感じ。
ワイングラスはやっぱりありました。うれしいな。
カップも紅茶を蒸らせるように?蓋付きです。
フリーのお飲物も紅茶2種、カモミールティー、ローズヒップティー、
普通のコーヒーにデカフェのコーヒー、緑茶まで!

シドニー3日目 モスマン&シティ

クローゼットはこんな感じ。
アイロン台とアイロンが完備。
今回は使わなかったけど、スーツケースでシワが出来た衣類もこれで解決。

シドニー3日目 モスマン&シティ

バスルームも清潔で広くて使いやすかったです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

部屋からの眺めはこんな感じ。
ハンターバレーの広大な自然と、友人宅のあるモスマンのきれいな住宅街と
また違う、街!都会!って感じ。

元百貨店だったというこのホテルは重厚で、エレベーターやロビーなど歴史を感じました。


 「NEWTON'S PHARMACY」 でお買い物 

シドニー3日目 モスマン&シティ

ワタシがシドニーで絶対欲しいと思っていたのが、
ティーツリーグッズとかプロポリスものとか自然派コスメとか。

こちら「NEWTON'S PHARMACY」はガイドブックで知ったお店で
オリジナルコスメやエッセンスなどが豊富に揃っていました。
クイーン・ビクトリア・ビルディング(通称QVB)の向かいにあります。

シドニー3日目 モスマン&シティ

そこではこちらの三種類のバームを購入。自分用とお土産用。

シドニー3日目 モスマン&シティ

そしてお店オリジナルブレンドのマッサージオイルと、ティーツリーオイル。
ティーツリーオイルは、除菌・殺菌効果にすぐれ、虫よけ等に効果があるそうです。
傷や虫さされには少量を綿棒で患部に塗布するんだって。
香りは・・・思っていたよりなんていうかカビ臭い?みたいな?

マッサージオイルは好きな香りてんこ盛りなので相当お気に入りです。
今使ってるのが減ってきたら並行して使おうと思います。
私は「Anti-Stress」を選びましたが、他にセルライトやシワ防止のものも。

シドニー3日目 モスマン&シティ

お店のお姉さんに、「日本人にはこれが人気よ。皆何箱も買って行くわよ〜」
と教えてもらったティーツリーの歯磨き粉。
口に入れるものだから、もらう人によって嫌がるかな・・・と試しに一箱だけ購入。
まだ未使用です。
虫歯とか風邪予防にもなるかな。

シドニー3日目 モスマン&シティ

オーストラリアはプロポリスグッズも日本より安く豊富との事で
マウススプレーを探していたのですがこのお店では見つからず。
乾燥でのどがちょっとイガイガし始めていたので、キャンディーを買ってみました。
お味は・・・多分かなり独特だと思う。でも私はダイスキな味です❤

NEWTON'S PHARMACY、もう一度行きたかったんだけど
結局この日が最後になってしまったのが心残りです。
ここにはホメオパシーグッズもたくさんあって、
効能によって使うエッセンスも違うからその場で選びきれず。
パンフレットをもらって来たからじっくり選んで次回の訪豪の時には必ず!

シドニー3日目 モスマン&シティ

プロポリスのマウススプレーです。
結局他の薬局を数件はしごして、やっと見つけました。AU$12くらいかな。
(NOKIちゃんからもらった画像と同じのは無かったの・・・)
私は喉が弱いので、これからの乾燥の季節にプレケアとして使います。

シドニー3日目 モスマン&シティ

一旦荷物を置きにホテルに戻ります。
Colesもすぐ近くだし、お買い物にもとっても便利なホテルです。

この日のディナーは私とデコイチの熱烈リクエストで友人夫妻宅で
お家ごはんを頂くことになっていたので
サーキュラーキーからモスマンまでフェリーで行ってみることにしました。


 ちょっと小腹が空いたので「Pie Face」でおやつタイム 

シドニー3日目 モスマン&シティ

こちら「Pie Face」はシドニーに28店舗あるフランチャイズのパイ専門店だそうです。
ちょっと顔が描き切れてないけど・・・カワイイでしょ。

7年前にメルボルンに行ったときに、
ホテル近くのスタンドで買ったパイがものすごく美味しくて。
私の中で「オーストラリア=パイが美味しい」という図式が出来上がってるのです。
だからシドニーに来て食べたかったものの一つなのです。
やっぱり美味しかった!カワイイし安いし幸せ〜❤

これは「チキン&マッシュルーム」です。AU$5くらいだった気がする。
パイとコーヒー2杯でAU$10しなかったんじゃないかな。
サクサクの生地に中はアツアツトロトロで激激ウマウマでした!
「スパイシータイチキンカレー」ってのもあって、これもすごく気になりました・・・。


 サーキュラーキーからフェリーでモスマンへ 

海に囲まれた都市、シドニーで過ごす間に
一度はクルーズ船に乗ろうと思っていました。

オペラハウスやハーバーブリッジの前を通り、夕暮れのシドニーを楽しむ
カクテルクルーズにしようかな〜と下調べはしていたのですが、
サーキュラーキーからモスマンへのフェリーに乗ってきたら?と友人夫婦が案を出してくれて
そうだね、ちょうど夕暮れ時だしね!
ずっと安いしね!
いいねそれ!

と言う事で、バスや電車と同じようにシドニーに住む人の交通手段になっている
フェリーに乗る事にしたのです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

ホテルのあるシティから、たくさんのフェリーが発着しているサーキュラーキーに向かいます。
歩いて20分くらいかな。

シドニー3日目 モスマン&シティ

モスマン行きは4番埠頭。
こちらで時刻表やルートなど確認できます→「Sydney Ferries

シドニー3日目 モスマン&シティ

窓口が閉まっている様だったので、券売機での購入にチャレンジ!

シドニー3日目 モスマン&シティ

行き先と、往復か片道かを選んでお金を入れるようです。
カードと紙幣が何度やっても使えなかった・・・。
ぎりぎり小銭がたくさんあってよかったぁ。
今調べてみたらAU$5.30/人だった様です。

シドニー3日目 モスマン&シティ

なんとか手に入れた(笑)チケット。
改札機に差し込んで出てきたのを抜きとったらゲートが開きました。

シドニー3日目 モスマン&シティ

さあ、船に乗り込みます。

シドニー3日目 モスマン&シティ

そしていざしゅっぱーつ!!

船の中は仕事帰りのビジネスマンとか家族連れとか家路に向かうような人がチラホラ。
せっかくなので少し寒いけどデッキ席に出てみました。
早速ハーバーブリッジが見えます。

  
見えたよ!

シドニー3日目 モスマン&シティ

右手にはオペラハウス!

シドニー3日目 モスマン&シティ

しかも夕暮れ!

カクテルクルーズは1時間半で一人AU$40弱くらい。
この時期は結構寒いし、20分のクルーズだけど十分十分。

シドニー3日目 モスマン&シティ

いくつか港に停まりながらモスマン港に到着。

シドニー3日目 モスマン&シティ

バス停みたいです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

本当はここからバスに乗るんだけど、友人夫妻が車で迎えに来てくれました。
(N家旦那サマ側から撮った写真)

シドニー3日目 モスマン&シティ

ハーバー沿いの駐車スペースにはなんと野うさぎ!

シドニー3日目 モスマン&シティ

ピーターラビットの世界だわ〜

シドニー3日目 モスマン&シティ

さすが高級住宅街のモスマン。
停泊しているクルーザーも大きいものばかり!

シドニー3日目 モスマン&シティ

こちらも豪邸・・・!
バルコニーでカクテルドレスのパーティとか開いてるらしいよ。

こんなところに一生の内少しでいいから住んでみたい・・・
なんとかして!とお互いの旦那サマ達におねだりをした女子達なのでした。


  家族会@シドニー! 

シドニー3日目 モスマン&シティ

帰りがけにスーパーに寄ってお買い物。
日本ではあまり見かけない野菜とかもたくさんあって超楽しかった!
見て!りっぱなポロ葱!

シドニー3日目 モスマン&シティ

この日のメインはキムチ鍋!
海外で日本のお鍋をつつけるってある意味とっても贅沢〜

シドニーでは割高ではあるけれども日本の食材はほとんど手に入るそう。
写真左下のしめサバがとっても美味しくて、デコイチがほとんど食べたそうだよ・・・
日本で食べられるのに!遠慮しなさーい!

シドニー3日目 モスマン&シティ

それからもうひとつのメインがコチラ!
BBQではなかなか出来ない繊細な焼き物を実現するべく、
友人旦那サマが日本からお取り寄せしていた七輪がなんとこの日手元に届いたそうで。
手羽先やら海老やら帆立、しいたけとかピーマンとかヤングコーンとか
いろいろ炭火焼メニューも堪能させて頂きました。
ワタシタチってホントラッキーよね!日頃の行いよね❤ウフ。

この七輪で焼いたもろもろがもう本当に美味しいやら楽しいやらで。
テンションがー!アーガールー!!


テラスに七輪を置き、ガラス越しに火の具合を確認しつつ飲む旦那ズ。
広いダイニングテーブルがあるのに、床にこじんまり座る旦那ズ(笑)
このまったり具合が最高にいいの。
海外に来てもやっぱりビバ★家呑みなんだな!


そして祝!家族会@シドニーにカンパーイ!!
(あれ?誰かのグラスが足りない・・・)

台湾から知り合いもいない関西に来て、生活を楽しくスタート出来たのも、
一つ屋根の下に住んでいたデコイチの同期家族が皆優しく助けてくれたから。
本当に感謝してまっす!
今は皆バラバラになってしまったけど、いつかきっとまた集まれるよね!

食べて飲んでおしゃべりして、本当に猛烈に楽しい時間でした。
お家ご飯にしてくれてありがとう!

この後は友人宅を後にしてバスでシティに戻ります。

シドニー3日目 モスマン&シティ

デジカメの時間を確認したらこの時点で10:12pm。
シドニーは夜が終わるのが早いそうで、人通りもまばらです。
白いタワーがキレイ。なんだろー?

シドニー3日目 モスマン&シティ

ホテルも正面のドアが閉まっていました。
もちろんカードキーで入れます。

さあ、明日は丸一日遊べる最後の日!
あっと言う間だなぁ(涙)


つづく



シドニー3日目〜前編〜 モスマン、バルモラルビーチを満喫

JUGEMテーマ:旅行


 ステキテラスでモーニング 

シドニー3日目の朝。
起きたらN家旦那サマはすでに出勤してました・・・。
さらに前夜遅くまで私にお付き合いしてくれたN家妻がこんな素敵な朝ごはんを!

シドニー3日目 モスマン&シティ

ステキカフェよりステキな朝ごはん!!

そして私のわがままを聞いていただいて

シドニー3日目 モスマン&シティ

テラスで朝食!
日差しが強くてもいいの!外ご飯が大好きなの!
でも一番陽が当たる場所はデコイチさんにゆずってアゲル❤

シドニー3日目 モスマン&シティ

バルコニーからは海が眺められます。ステキ〜・・・

シドニー3日目 モスマン&シティ

L字型になったテラス。ほんとうに広い。

美味しい朝ごはんをゆっくり頂いて、優雅な気持ちになった所で
ご近所のビーチにお散歩に連れて行ってもらいました。


 「BALMORAL BEACH」へお散歩 

友人夫妻の住むモスマンはシドニーの中心部「シティ」からバスで20分〜30分離れた
シドニー有数の高級住宅街。
素敵なお家がたくさんあって、見るだけで目の保養になりました!

シドニー3日目 モスマン&シティ

ビーチへは結構急な階段を下っていきます。
帰りはこれを登るのが怖い・・・

シドニー3日目 モスマン&シティ

さらに坂を下っていきます。両脇は高級住宅街。

  
バルモラルビーチへ到着!!

シドニー3日目 モスマン&シティ

桟橋も渡ってみます。
写真左側、雲行きが怪しいですね・・・。

シドニー3日目 モスマン&シティ

登録が必要だそうですが、釣りも出来るそうです。
こちらで釣れる魚の一覧があります。

シドニー3日目 モスマン&シティ

釣れる魚によって、釣っていいサイズと量が細かく決められています。
ほんと細かいな〜!

シドニー3日目 モスマン&シティ

こちらはバルモラルビーチで人気のフィッシュ&チップス屋さん。
さっき朝ごはんを食べた気がしないでもないのですが、フィッシュ&チップスLOVERの私。
ここで食べないわけにはいかないのであります!!

ということで、「おじさん、フィッシュ&チップスくださいな!」

シドニー3日目 モスマン&シティ

注文後、お金を払ったら受け取った番号札の番号を呼ばれるまで待ちます。
週末の時間によっては大分待つこともある人気店だそうな。

シドニー3日目 モスマン&シティ

カウンターにあった、モルトビネガーをジャバジャバかけて。
お店の前にはテーブル席もあったけど、テイクアウトして木陰でいただきました!
さすがにひとりでこの量は無理そうだから、デコイチと二人で。
これで$10くらい。安いっ!

  
揚げたてあつあつ、サクサクで中がふんわり〜な絶品フィッシュ&チップスに夢心地
あー、また食べたい!
カラマリフライ&チップスもあって、そちらもお勧めだそうです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

海にはカモメが似合うよね〜。

シドニー3日目 モスマン&シティ

ビーチの中心にあるロッキーポイントと呼ばれる岬に登ってみました。
日本ではペットショップや動物園でしか見られないようなオウムが普通に餌をついばんでいます。

シドニー3日目 モスマン&シティ

かわいい!
こんなにかわいいのに、鳴き声がかわいくない(笑)
「ギャーァ!ギャーァ!」って鳴くのです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

シャークネットって・・・
出るんですね、やっぱり。

シドニー3日目 モスマン&シティ

ロッキーポイントから下を覗き込むと・・・
お尻がかゆくなる!絶壁です。

シドニー3日目 モスマン&シティ

それでも見晴らしがよくて気持ちいい〜

こちらのロッキーポイント、なぜかお年寄り率が以上に高く。
みんなジップロックのコンテナーに詰めたお弁当とお茶を持参して
おしゃべりしたりぼーっとしたりとそれぞれの時間を過ごしているようです。

シドニー3日目 モスマン&シティ

では寒くなってきたし、そろそろ帰途につきますか。

  
ほんとにCHUはしてませんよ!
結婚式などで人気の撮影スポットとのことで浮かれてみました(笑)

シドニー3日目 モスマン&シティ

バルモラルビーチは波も穏やかでマンリーやボンダイほど観光客も少ないらしいので
のんびりお散歩をするのにもってこいのビーチの様です。

バルモラルビーチについて詳しい情報はコチラにありました。


3日目後編につづく



シドニー2日目〜後編〜 ランチ→マンリービーチ→オージービーフ!

JUGEMテーマ:旅行

 ランチは 「Smelly Chease Shop」にてテイクアウト 

Scarborough Wine」をウキウキで後にして、
ランチを取る為に「TEMPUS TWO」のある所まで戻ってきました。
ここにはタイ料理レストランやチーズショップなどもあって、
チーズショップ「Hunter Valley Smelly Cheese Shop」は
チーズやチーズグッズはもちろん、テイクアウトのサンドイッチなどの軽食も豊富です。
夜はガッツリ系の予定だったのでお昼は軽くしようねとここで軽めのランチ。
 
シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

このチーズショップ、いろいろグッズも豊富だったなぁ。
今思えばここでいろいろGETしておくんだったな・・・。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

生ハムのバケットサンドやパイ、マスカルポーネチーズ詰めプチトマトのオイル漬け
などなど。
このトマトのオイル漬け、すっごくすんごくものすうぅぅぅんごく美味しかった!!
日本に売ってないかなぁ・・・。



ワタクシ帽子のかぶり方、ダチョウの竜ちゃんみたい・・・!
裏の広大な敷地では各々ゴロゴロしたりランチしたり。
近くで気球にも乗れるみたいです。気持ち良さそう。


オーストラリアはコーヒーに非常にこだわりがあるそう。
なんとその種類13種類!
普段日本で頼むコーヒーは「ロングブラック」と言います。
ちなみに「ショートブラック」はエスプレッソ。

日本のコーヒーに比べたら少し濃いめに感じました。
アメリカンが好きな私にはちょとお湯を入れたい感じ(笑)
濃いコーヒーが大好きなデコイチさんはとってもご満悦❤

お腹を満たした所で、ハンターバレーを後にします
助手席も後部座席も飲酒でウトウトウト・・・
ドライバーのN家旦那様、本当にすみません


 ビーチ・タウン「マンリー」へ 

この日の宿泊は友人夫妻宅でお世話になる事に。
お家にお邪魔する前に、マンリーに立ち寄ってくれました。

マンリーはシドニー北部にあるビーチエリア。
ビーチ沿いにはオサレカフェがたくさんありました。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

海に入ってる人もいればビーチバレーを楽しむ人も。
でもね…


 

こんな格好でも寒いくらいだったんだよ!
気温の移り変わりが早い季節とは言え、皆肌出し過ぎ〜!!

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

週末の夕方、のんびりビーチでおしゃべり。いいな。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

海沿いのカフェだけでなく、お土産屋さんからサーフブランドのお店、
アクセサリーショップなどなど気になるお店がたくさん!
町並みもヨーロッパ的でとても雰囲気がありました。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

そうそう、Colesにも寄ったんだった。
Colesはオーストラリアにたくさんあるスーパーマーケット。
店舗は変わりますがシティにあるColes、毎日の様に通いました。
海外のスーパー大好き!
アジア&東南アジア以外の地のスーパーは久々だったのですが
それはもう私にしたら百貨店より楽しくて!!

が、「ジカンニカギリガアリマス」なのでパーっと見てお店を後に。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

ちょっと曇り気味だったけど、夕暮れのマンリービーチ。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

いつかゆーっくりお散歩したいです。


 「THE OAKS」にてオージービーフBBQ!! 

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

マンリーからモスマンにある友人宅に戻り、荷物を置いて一息ついて今度は晩ごはん。
今夜は「THE OAKS」という125年の歴史を持つPUBに連れて行ってもらいました。
裏庭はビアガーデンの様になっているのですが、そこに樫の木があります。
1938年に植えたとサイトにはあったから、お店を始めた後に植えたのかな。

店内はとても広いのですが、なんてたって日曜日。
家族と、友人ととたくさんの人が賑やかに食事を楽しんでました。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

まずは生ビールでカンパーイ!

こちらの生ビールはカウンターで注文します。
飲み物は基本キャッシュオンデリバリーの様です。
ビールもいろいろ種類があって、どれがビールのメニューやら分からず
なんとなく適当に指さして注文しました(笑)

オージーはワインだけでなくビールもこよなく愛しているようで、
その種類たるや日本に追いつこうとする勢いがありそうです。
しかも生とかビンとかグラスのサイズとかいろいろいろいろあってオーダーが難しー!!


なんと!
台湾在住の時にお友達になったKちゃんと再会!

Kちゃんとは帰国の時期もそんなに変わらず、
帰国後住んでいたのも偶然にもお隣の市でした。
その後Kちゃんはまたもや旦那さんの転勤でシドニーに。
その半年後友人夫妻が転勤でシドニーに行く事になり紹介させてもらったんです。
人の縁ってすごいな。
Kちゃんとシドニーで再会するなんて不思議過ぎる!!

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

ついに夢にまで見たオイスターが来た!
小ぶりだけど味が濃くて鼻から抜ける香りがたまんない〜・・・ウットリ。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

ムール貝のワイン蒸しも。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

プリップリ!
底にたまっている白ワインとガーリックのスープをすくいながら頂きます。
ウーマー・・・(涙)


お次はメインのステーキです。
カットされたステーキ肉を売っているカウンターに行き、お好みの部位を購入します。
その後その肉とホイルに包まれたポテトを持ってBBQコーナーへ。
こんな感じで飲みながらのんびり肉を焼いていきます。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

お肉の他に、ポテト、パン一切れ、サラダバーでのお好みのサラダ一皿でAU$24.00くらい。
部位や熟成期間によって若干違いますが、大体そんな感じ。
調味料やソースもとっても種類が豊富でシンプルなお肉を自分好みに頂けます。

シドニー二日目 ランチ→マンリー→オージービーフ!

(こちらはN家旦那サマのお肉)
焼き加減も自分好みで!
いい焼き加減ですねー!肉汁もたっぷり❤

分厚〜ステーキ、何グラムくらいあるんだろ??
本当はお互いの旦那サマ達のお肉を少しもらえば十分だった私達女子。
が、肉食男子達は一人一枚独り占めを希望!!
と言う事で私とN家妻は二人で一枚のステーキをシェアしたのでした。
それだって、食べきるの大変だったよねーー

日本のお肉と違いあっさりしていて歯ごたえもあるオージービーフ。
高タンパク低脂肪なのかしら。
これがオージーの大きな体を作ってるのかと思うと大きく納得してしまうのでした。

ステーキでどうにもこうにもお腹がいっぱいに!
もう食べらない、もう飲めない(笑)
と言う事でこの夜はこれにて終了。

この後友人宅におじゃまして、結局おしゃべりに花が咲いてしまい(女子がね)
遅い就寝になったのでした。
翌日出勤のN家旦那サマ、ごめんね!


シドニー3日目につづく





シドニー2日目〜前編〜 続・ハンターバレーワイナリー巡り

JUGEMテーマ:旅行

シドニー二日目の朝。結構肌寒かったです。
この時期のシドニーは
「一日のうちに四季がある」と言われるほど気温も天気も変わりやすいんだとか。
今回の旅行も持っていく服を大分悩みました。
最終的に重ね着&巻物&ミニ防寒具(レッグウォーマー、毛糸のパンツ❤)で対応しました。

さあ、皆で集合して朝ごはん。
昨夜と同じCafeで頂きました。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

大体メニューはこんな感じ。
他にはシリアルとかワッフルくらいかな。シンプルです。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

女子ズはポーチドエッグ載せトースト。
卵も2個、パンも二枚。
もとイギリス領のオーストラリアなのでポーチドエッグもポピュラーみたいです。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

N家旦那サマはスクランブルエッグ載せトースト&ハッシュブラウン

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

デコイチはベーコンエッグ&&トースト

美味しく頂いたのですが、正直サラダ的なものが盛られてると思ったけど無かった(笑)
全体的に茶色系の朝ごはんでした。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

そしてオーストラリアのコインの話になり、全種類見せてもらいました!
オーストラリアの動物などが刻印されてます。
そして結構ひとつひとつが重いです。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

朝食後は敷地内をお散歩。
左の白い屋根がコテージになります。
なんていうか芝生エリアがものすごく広くとってあって、解放感たっぷり。
日本だったらこの空いてるスペースにもっとコテージを詰め込むんだろうなあ。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

いろんな鳥がいました。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

この鳥、飛ばずに走って逃げるの(笑)

それではこの後は荷物をまとめてチェックアウト〜
本日もワイナリー巡りに連れて行ってもらいます。
ヒャホーイ!


 ワイナリーその4 「TEMPUS TWO」 

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

宿泊したコテージのほんとにすぐ近くにある「TEMPUS TWO」に到着。

こちらのオーナーは昨日訪れたワイナリー「McGuigan」の四代目に当たるLisa McGuigan。
1998年、McGuiganワイナリーの片隅で小さくスタートした彼女のビジネスは
彼女の持つユニークなマーケティング戦略により急速に成長したそうです。
老舗McGuiganの伝統と近代的な感覚を融合させたセラードアになっています。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

今気付いたけど「ROCHE WINE」となってますね。
どうやらROCHEグループという所が出資しているようです。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

それでは入ってみましょう!

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

きゃあ〜!
なんてオサレな内装。ここがセラードア・・・?
パーティも出来そうなホールです。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

さあ試飲試飲♪
※この時点でまだ9時半前ですが(笑)

 

趣ある昔ながらのワイナリーやセラードアもいいけど、この雰囲気もステキだわ・・・!
泡→白→赤→デザートと試飲。

どれも美味しかったけど結局ゲットしたのがコチラ

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

「BOTORYTIS SEMILLON 2005 / AU$20.00」
ティスティングノートはコチラ

これを飲む前は一番最初に飲んだスパークリング(これも激ウマ)にしようと思ってたの。
でもこれを一口試飲したら目の前に星が煌く衝撃が!!
デザートワインだからとっても甘いのだけど、
香りがもんのすごくよくて口の中もべたつかなくて鼻を抜ける余韻も素晴らしい。
完全に恋に落ちました。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

この2005年ヴィンテージは数々の賞を受賞しているとか。
日本のサイトも探したらコチラで購入出来そうです。

ブドウの品種は「SEMILLON(セミヨン)」
セミヨンはボルドー地方と南西地方の主要な白ワイン用ぶどう品種で
貴腐化しやすく、甘口白ワインでは重要な品種だそうです。

N家旦那サマが教えてくれたのだけど、
セミヨンだけでつくられるワインは珍しいそうで大体何かとブレンドするみたい。
オーストラリアではセミヨンだけでつくられる辛口白ワインが有名だとか。

さあそれではお次のワイナリー行ってみよーーー!


 ワイナリーその5 「Tyrrell’s Wines」 

 

次に連れて行ってもらったのが「Tyrrell’s Wines」は創業1858年。
オーストラリアで最も古いワイナリーだそうです。

残念ながらこちらのワインは私達にはウムム・・・という感じで。

 

看板犬をなでまわして

 

一緒に写真を撮って

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

「それより・・・ウチのワイン買ってくれたの??」

ゴメン。
ちょっと好みじゃあ無かったんだ。
でもケース買いしていく人もたくさんいたから好みってあるんだよね。
ちなみに日本でもここのワイン結構手に入りそうです。
機会があったら買ってみようと思います。


 ワイナリーその6 「Scarborough Wine」 

そして最後に連れて行ってもらったのが、「Scarborough Wine」。
ワイナリー巡りのファイナルを飾る、素晴らしいワイナリーでした〜!!


 

テンション上りまくりのワタシ(笑)

シドニー二日目 ハンターバレーへ! 
おススメとか講習会とかの案内が書かれている様です。
フェイスブックもツイッターもやってる!



セラードアの入り口。
とってもかわいらしいレストランといった感じです。
こちらのワイナリーはこじんまりと家族経営をされているそうですが、
そのアットホームさがとっても心地いい空間を作っていると思います。
そしておトイレがものすごくカワイイの!赤毛のアンに出てきそうな感じ?!

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

こちらティスティングの際になんとチーズ&クラッカーを出してくれます。
さらに・・・

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

座ったままティスティングが出来るのです!

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

紙にはおススメワインが書かれていて、その上にグラスを置いてどんどん試飲させてくれます。
ひとつひとつのワインの説明も丁寧にしてくれます。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

白→赤→デザートと。
グラスが全種類あるので、じっくり検討出来ます。これはいい!

 

美しいN家妻もウットリ〜❤
皆であーだこーだ言いながらの試飲は本当に楽しい!
座ってるからついつい普通の飲み会トークになってしまったりするのもご愛敬(笑)


実はこの日7回目の結婚記念日の私達。
そんな日にこんなに美味しいワインをたくさん飲めるなんてなんて幸せ!

そしてこのワイナリーが最後と言うのもあったし、お気に入りを全て買っていきたいけど
帰りの荷物の事も考えると悩むなあ〜と迷っていると、
「買わないで後悔するより、買って後悔した方がいい!」とN家旦那サマに背中を押され
結果3本購入しました!
ホント今となれば買ってきてよかった!ありがとう。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

「Chardonnay 2006 Yellow Label /  AU$」 

こちらはデコイチのお気に入り。

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

「Shiraz 2006 / AU$ 」

こちらはワタシが気に入ったシラーズ。
私にしては珍しく赤!

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

「Pinot Noir Rose 2010 / AU$ テイスティングノートはこちら

こちらはN家妻もお気に入りのロゼ。
ロゼって結構べったり甘いのが多いけど、これは香りもよくてさらっとした甘さ!
何と一緒に飲もうかな〜と思ってたけど、
テイスティングノートには「シーフードやパテ、テリーヌや前菜」って書いてありました。
そうしようと思います。楽しみ〜!

シドニー二日目 ハンターバレーへ!

「Chardonnay 2008 White Label」 ティスティングノートはこちら

実はコチラ、友人夫妻からお土産にと頂いてしまいました!
私達が購入したものより高価なの〜(汗)
これは合わせるメニューも気合が入りそう。
テイスティングノートによると、魚介、鶏肉、ジビエなどに合うそうです。
ジビエか!これからの季節いいね!
え〜、じゃあボタン鍋とか鴨鍋とか取り寄せちゃおうかな。ウフフ。

この様に合わせるメニューを考えるがとっても楽しいのは
やっぱりティスティングをしてその味を知ってから購入出来るからなんだなあ。
そんな楽しい事に気づく機会を与えてくれて本当に友人夫妻には感謝感謝です!

・・・って今頃彼らはこのハンターバレーにいるんだよね。
あーー、うらやましいぃぃぃぃ!!!


そしてまたつづく


シドニー1日目〜後編〜 ハンターバレーワイナリー巡り

JUGEMテーマ:旅行
 
さあ、シドニー一日目後編。小刻みですみません・・・。

「Peterson House」でEnjoy Bubbles!!ランチを楽しんだあと、
ほろ酔いで向かったのは


 ワイナリーその2 「Brokenwood」 

シドニー初日 ハンターバレーへ!

こちら「BROKENWOOD」は、1970年に友人三人で片手間に始めたワイナリーだそうです。
1973年に初収穫したワインは称賛を得て、初ビンテージからファンを獲得。
その後拡大を続け、2001年にロンドンのワイナリーフェスティバルで大賞を受賞し
一躍ブティックワイナリーとして大人気となったそうです。
ワイナリー名の「Brokenwood」とはワイナリーを開拓する際、
たくさんの木をなぎ倒さなければならなかった事からつけたとか。

 

ほろ酔い〜

シドニー初日 ハンターバレーへ!

「SANGIOVESE / AU$30.00」

そしてここで購入したのが、N家旦那お勧めのこちら。
サンジョヴェーゼのワイン、初めてカモ!
えっと、イタリアから苗を持ってきて植えてるって言ってたような??
いろいろ試飲したからよく覚えてないけど、牛豚チーズに合う感じだった気がします。
もうちょっと涼しくなったらのもう〜。楽しみ。

そして女子ズは歩いてお次のワイナリーに移動です。
ここはその通り道。でもどのワイナリーのワイン畑か分からない・・・

シドニー初日 ハンターバレーへ!

こちらがワイン畑。
オーストラリアは南半球なので1月初めか2月に葡萄摘みが行われるそうです。
(ちなみに北半球のヨーロッパでは9月頃だそう)

シドニー初日 ハンターバレーへ!

これから芽が出て葡萄がなっていくんだね〜
キレイだろうなぁ・・・。


 ワイナリーその3 「McGuigan Cellars」 

シドニー初日 ハンターバレーへ!

BROKENWOODから歩いてすぐ。っていうかお隣さんのワイナリー。
McGuigan Cellars」です。
チーズショップも併設されています。
さらにワイナリーツアーやチーズ講習会なんかもしてるそう。

 

中は倉庫みたいにワインが積んであります。
真剣に試飲するワインリストを眺める私達。


 

それにしたって、気持ちいいーーー!

シドニー初日 ハンターバレーへ!

「BIN SERIES No.6000 VERDELHO / AU$13.00」

ここではデコイチが気に入ったこの白ワインを購入。
ティスティングノートはコチラ

シドニー初日 ハンターバレーへ!

帰宅後に頂きました〜

ティスティングノートには
「BBQやピザ、ラム肉やトマトソースのパスタ」て書いてあった・・・。
我が家では秋刀魚のつみれ鍋と
大根・ブラウンマッシュルーム・茄子に塩をふってグリルしたものに
美味しいオリーブオイルとパルメザンチーズ(シドニーで購入)かけて頂きました。

なんかティスティングした時より美味しく感じた!
香りが華やかですっきりしたとっても美味しいワインでした。


 「Leisure Inn Pokolbin Hill」 にて宿泊 

シドニー初日 ハンターバレーへ!

もう私達が酔っぱらったのでチェックインしようかとこの日のお宿に向かいました。
Leisure Inn Pokolbin Hill」です。
友人夫妻もが全て手配してくれました〜!
こちらのレセプションでチェックインの手続きをしたら、その後コテージまで車で移動。

シドニー初日 ハンターバレーへ!

お部屋はこんな感じ。
コテージの入り口がドアではなく、サッシだったのには少々戸惑いましたが(笑)
室内はすっきりしたインテリアで明るく快適です。
実物より写真の方が広く見える!とは皆の意見でしたが十分十分。

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ハンターバレーのワイナリーには数泊宿泊しながらすごす人も多い様で
ミニキッチンがついた宿泊施設も多いみたい。
冷蔵庫にレンジもついてるし!

シドニー初日 ハンターバレーへ!

シンク下はこんな感じ。
簡単な食器にトースターまであるし!
感動したのがグラス。ワイン用、泡用がある〜!!さすがワインの地。

写真を撮り忘れましたがバスルームも明るくて気持ち良かったです。
さらにバスタブにはジャグジー付!もちろん寝る前にゆーーっくり浸かって疲れを取りました。

本当は荷物を解いて一息ついたら皆でお散歩に行く予定だったのに、
デコイチとワタシ、まさかの爆睡!!
友人夫妻がお部屋をノックしたのにもまったく気付かなかった・・・ゴメンー!

そして、N家旦那だけがホテル内をお散歩したそうで・・・

シドニー初日 ハンターバレーへ!

こんな素敵な夕暮れを堪能したそうです。
お馬さんがいる〜!!

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ディナーは敷地内のCafeにて。
オーストラリアではCafe=日本で言うレストランの位置づけみたい。

まずはオーストラリアビールで乾杯!
・・・が私は飲みすぎたためお水で・・・

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ガーリックトーストや

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ピザ

シドニー初日 ハンターバレーへ!

カラマリフライ

シドニー初日 ハンターバレーへ!

スプリングロール

シドニー初日 ハンターバレーへ!

そしてワイン。これは頂きましたぁ。アハ。

本当は前菜→メインとすすまなければマナーでは無いところをシェアさせてもらいました。
だって、上のカラマリフライとか春巻きとか十分メインの量なのに前菜なんだもの!
他のテーブルのオージー達は、この前菜を食べ、もっと大きなお皿のメインを食べ、
さらにデザートも食べていた人もいた・・・スゴイ。

お腹いっぱいと思っていたら、男子の前にはその後メインの大皿が登場!
やっぱりスゴイボリュームでした。
どれもこれもとっても美味しかったのですが、
なにせ昼間のお酒がまだ残っていて残念。今写真見ると食べたくてたまりません(笑)

この後は友人夫妻のコテージにお邪魔して、
N家旦那がいれてくれた(!)紅茶を頂きながら久々のトークを楽しみました。

明日もあるからとこの日はほどほどで解散。
ものすごく密度の濃いシドニー一日目は終了。
楽しかった!!


二日目につづく


シドニー1日目〜前編〜 ハンターバレーワイナリー巡り 

JUGEMテーマ:旅行

シドニーの空港友人夫妻が車で迎えに来てくれました。
ほぼ一年ぶりの再会なのに・・・なんだかつい最近会った感じで不思議。
さらにその再会の地がシドニーなんて、ほんと人生って分からない!

それにしても、空港から一歩外に出た時のあの爽快さといったら!
ほぼ丸一日空港内か飛行機にいたのもあるけど、
ジメジメMAXの日本だったからからっとした空気の気持ちいい事倍増!
オーストラリアは日本と季節が逆になるから、私達が行った時は調度春先くらいかな。

車はシドニーの街中を抜けて、ハンターバレーへと向かいます!
友人夫妻がワイン好きの私達の為に、
1泊2日のハンターバレーワイナリー巡りのプランを建ててくれたのです。
ヒャホーイ!

シドニー初日 ハンターバレーへ!

途中、ちょっと休憩で立ち寄ってくれた・・・湖?
(地図とにらめっこしたけどよく分からなかった・・・)
街中から1時間ほどでこんな大自然に来れるなんて、うらやましすぎる〜

   
皆で集合写真!!
ちなみに私のグリーンのスカートICHIYOさんのもの。
ググッと下げればヒール靴にも対応可能。
軽くてシワにならないので、24時間の移動でも快適でした。

さらに車を走らせること1時間

 「Hunter Valley Wine Country Visitor Information Center」

シドニー初日 ハンターバレーへ!

Hunter Valley Wine Country Visitor Information Center」に到着!
ハンターバレーにはインフォメーションセンターがあります。
お手洗い休憩がてらパンフレットやMAPなど入手。
こちらのスタッフの方がいろいろワイナリーやレストランなどの相談に乗ってくれるそうです。

そしてまず向かったのが


 「Peterson House」でEnjoy Bubble!!

まずはスパークリングワイン専門のワイナリー、「PETERSON HOUSE」に
連れて行ってくれました。
泡大好き!泡!!泡!!

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ワイナリーの入り口には桜が満開。

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ちょっと色が違うかもだけど桜だよね?
9月に桜が見えるなんてなんだかラッキーな気分。

シドニー初日 ハンターバレーへ!

入り口には「Bubbles&Oysters」のボードが!
どっちも大好きです!!そのためにオーストラリアに来たんです!!

シドニー初日 ハンターバレーへ!

7年前の新婚旅行はメルボルン&ケアンズでした。
メルボルンでワイナリーツアーに行ったの。
その時は何がなんだか分からず飲んだって感じだったけど
あれから7年。私も色んなワインを飲んできたわ(遠い目)・・・(笑)
今回はじっくりお気に入りを見つけられるかな!

テイスティングは白→赤→デザートワインという順番がマナーだそうです。
お寿司と似てるねー。

シドニー初日 ハンターバレーへ!

上の写真はすでに赤です。
赤のスパークリングワインってめずらしーー!
ロゼじゃないの。本当に鮮やかな赤。

シドニー初日 ハンターバレーへ!

「Sparkling Shiraz / AU$19.00」

白もすっごく美味しかったけど荷物に限りがあるので、
ここはなかなか手に入らない赤のスパークリングを購入。

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ここはスパークリング専門のワイナリーなので、団体ツアーさん達も多く立ち寄るそう。
みんな楽しく試飲しつつも、真剣な表情なんです。


ハンターバレーにて記念すべき1本目ゲット!!
合言葉は「Enjoy Bubbles!」
友人夫妻が前回ここを訪れた時にスタッフの方に言われた言葉だそう。
なんかカワイイので私とデコイチもこれから泡モノを飲むときは必ず言お。

それからPerterson Houseのサイトに
「Life's flat without bubbles」って書いてあった。
いろんな意味も込められてる気がする、「泡」って(笑)

シドニー初日 ハンターバレーへ!

ランチはこのワイナリーの外のテラスで軽めにすます事に。
オイスターはまた改めて別の所で(ウフフ)って事で、
この前菜プレートとパンをみんなでシェア。
もちろん、バブルは外せません!!

プレートはヘルシーながらもたっぷりの野菜で、
一日機内食だった私達にはうれしいフレッシュさ。
それにしてもシドニー滞在中、本当に野菜の美味しさには感動しました。味が濃いの。


ワイン樽をテーブル「Enjoy bubbles!」なワタシタチ〜!
奥は一面ブドウ畑なのです。
ブドウ畑を眺めながらこの地で採れたブドウでつくられたワインを楽しめるなんて
本当に贅沢!!
感極まります!!アリガトー、友人夫妻!!


同期ズ。いつもありがとう、N家旦那。
外で飲むスパークリングは本当に格別だよね。ずっとココに居たい・・・。

飛行機でたっぷり寝たけど、気力に体力がついて行かず、もうすでにホロ酔い(笑)
でもそうは言っていられないもの。お次のワイナリーに向かいますよ〜!


つづく



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座