スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.01.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2011年12月沖縄旅行 四日目(最終日)

JUGEMテーマ:旅行

12月23日の天皇誕生日がうまく週末にくっついて三連休になって、
年末年始の休暇があって、
年明けすぐに三連休になって、と休み、お仕事、休み、お仕事・・・と
なんだか生活リズムがくるってしまいそうなここ数週間でしたねぇ。
今日から本気のお正月明け!な気分の人も多いのではないでしょうか。

私も年初めに何かやろ〜と思い立ち、早速ベリーダンス教室に申し込んできました(笑)
数年前はバイトが忙しく頓挫してしまったけど、今回はきっちり通うぞ〜!


さて、長々〜とひっぱった沖縄旅行記ですが、やっとやっと今日で最終章です。


 最後の朝ごはん 



沖縄最終日。最後の朝ごはんです。
メニューは毎日変わり映えしない感じでしたが、和洋中と品数が豊富なので飽きません。






最後の二日は土日だったので、たくさんの人が。


 「道の駅許田」にてお買い物 



みんな毎日通った「道の駅許田」。



ホテルからも近いし、地元直産のものもたくさん売っていて楽しいお買い物スポットでした。



さすが!アイスコーナーはブルーシールで一杯!



お酒は沖縄ブランドがズラリ。



荷物にならなければ買って帰りたい生の沖縄そばやお味噌などなど。
写真の「名護そば」は多分平打ちタイプの沖縄そばだと思います。



うわあ、島らっきょうがこんなに・・・!


 市場本通り〜国際通りへ 

道の駅から戻って最終パッキング→チェックアウトをして、
最終日は国際通りを歩いてみることになりました。



駐車場から国際通りに抜ける市場本通り。
アーケードになってます。



もう荷物がいっぱいなのでお買物は控えましたが、ここ楽しかったなぁ〜!
次回はぜひ市場の2階でご飯が食べたい。
あ、海ぶどうだけ買いました。3パック¥400!



お昼を食べましょ〜と適当なお店へ入ってみました。
波照間 国際通り店



店内にもシーサーが!



私は「フーチャンプルー定食/¥860」。

ご飯は白米かジューシーから選べるので、せっかくだからジューシー。
どちらもすっごく美味しかったけど、量が半端ないです(笑)
チャンプルー、二人前くらいあります。
豆腐チャンプルーを注文した義妹Mさんは、
食べても食べても減らないチャンプルーにギブアップでした。



デコイチママの「波照間そば(単品)/¥600」



みんなでシェアした「アグー豚の餃子」

店内もきれいだし、このボリュームでこのお値段は安い!美味しかったし。
修学旅行の男子学生にはぴったりではないかと思います。

私は髪の毛がちらりと見えただけでしたが、
山田新太郎くんがプライベートで来ていて個室でお食事会をしていたみたいです。
こんな観光客が多いお店に来るんですね〜

そしてデコイチママお目当てのお店「謝花きっぱん店」に向うも・・・



ザンネン!定休日でした・・・(涙)



そろそろ駐車場へ引き返しましょうか。

飲み屋さんのお店の前に並んだシーサー。
みんな陽気だなぁ!



シーサーのお尻なんてなかなか見れませんぞ(笑)



駐車場に戻るのに、ぶらぶら市場本通りを抜けながらお買い物。
行きしなに気になったお店に立ち寄ってみました。



沖縄のお菓子かな。きれいです。



でも買ったのはさーたーあんだぎー。

おばあに「写真とってもいいですか?」と聞いてOKをもらって撮ったのにこの表情(笑)
怒ってるのかな?と思いきや試食のさーたーあんだぎーをくれたからきっとデフォルトなんだね。



ちょっと油っぽかったけど、昔ながらの感じがすごくよかった!
やっぱりさーたあんだぎーはおばあから買いたい!と言うのが観光客の気持ちです(笑)



歯まで茶色〜



縦横に広がっているアーケード。細い通りもにぎわってます。



この写真、お気に入りなのです。
賑やかな通りからすぐなのに、こんなに人気が無いの。
時間があったらじっくりゆっくりこんな細い通りも歩いてみたかったな。


 SAYONARA オキナワ 

ナビで調べると、国際通り付近からレンタカー屋さんまで20分ほど。
余裕をもって出発しましょ〜と1時間くらい早めに行動したのに、
すっごい渋滞で結局返却時間をほんの少しオーバーしてしまいました。

レンタカー屋さんからバスで空港まで送ってくれるのですが、
もう時間がぎりぎりでひやひや!
空港まではスムーズに行けたけど、「空港でお茶でも〜」なんて優雅な事言ってたのに
そんな時間はもちろんなく、
最後の空港ショッピングも諦めた私とデコイチはビールをつまみを買い込み搭乗したのでした。



このGOYA DRAY、苦味がきいてて美味しかった!
次に沖縄にきたらこれ中心で飲みたい。

最後のカンパーイ!



機内サービスのドリンクはコンソメ。
コンソメもらえるってワタシハジメテシッタ・・・!美味しいね。



帰りは2時間ちょっとで羽田に到着。

振り返るとあっと言う間の沖縄旅行。
お天気はびっくりするくらい(笑)悪かったけど、
悪天候もなんのその、沖縄の魅力にすっかり虜になりました。

離島にも行ってみたいけど、本島もまだまだじっくり回りたいし、
今回食べられなかったラフテーとかA&Wとか、食べたいものもたくさんあるし、
なんといっても青い空と青い海を堪能したいし、素敵なホテルにも泊まりたい!

次回の再訪(未定だけど)が楽しみで仕方ありません。
頑張ってマイレージためるぞー!


というわけで、沖縄旅行記はこれにておしまいです。
長々とお付き合い頂いてありがとうございました〜




2011年12月沖縄旅行 三日目(後編)

JUGEMテーマ:旅行


またずいぶん間が空いてしまったけど、沖縄旅行記続きます。


やちむんの里を出発して向かったのは北谷にあるアメリカンヴィレッジ
一足先に東京へ戻る義兄Sくんは、ここから路線バスで空港まで向かいます。

ちなみに、「ちゅらバス@なび」が沖縄の路線バスを調べるのに便利でした。
バス停の位置はgooglemapのストリートビューで完璧に事前チェック。

アメリカンヴィレッジでお茶をした後は3組に分かれました。
東京へ戻るSくん、ホテルへ戻るデコイチパパ&ママ、義妹Mさん、
沖縄の夜を楽しむワタシ、デコイチ、Kさんとそれぞれ別行動の夜を過ごします。



歩いていくとすぐにビーチが!
「サンセットビーチ」というビーチです。



こんな商業施設のすぐ隣にあるのに、それでもきれいな海・・・。
名前の由来となってるくらいだから、お天気が良かったら夕陽がきれいなんだろうなぁ〜



そしてアメリカンヴィレッジ内を少し散策。

ここは地元のお買い物客や近くの米軍基地の人が多く訪れるそうです。
沖縄のお土産屋さんももちろんあるけど、洋服や雑貨、飲食店が集まっています。

 

クリスマス前だし、さすが米軍基地近く。デコレーションが派手派手です。



日が暮れてきました。
イルミネーションがまぶしいくらい!

アメリカンヴィレッジではなかなか東京では手に入らなそうなカッコいいTシャツ
(ちょっと大きめ。これ大事)やレストランもアメリカーンなお店がたくさんあって楽しかったです。

さあ、ひっぱってしまいましたが、沖縄最後の夜を締めくくるイベント、それは

「りんけんバンドライブ@カラハーイ」だったのでした!

沖縄に行くんだったら、本場の音楽が聴きたいなぁとちょっと思っていて調べてみると、
行った人がみんな「良かった!」と感動するカラハーイでの生ライブ情報をGET。
ちょうど土曜日にはりんけんバンドの日。この日の予定はやちむんの里。行ける・・・行ける!!
と、とりあえずその日の内に人数分の席を電話予約しちゃいました。
電話予約で支払いは当日、キャンセルは前日まで無料ってとっても簡単親切!

ライブ会場でも食事は可能なそうなのですが、
時間も余裕があったのでとなりの沖縄料理屋さんに入って時間まで待つことに。



南ぬ天」さんです。

じつはこちらのお店、カラハーイと厨房が一体らしく、
ライブ会場内の飲食物はどうやらここから届けられているそう。
お店のお姉さんが「ライブの方だったら先に席だけ取って来た方がいいですよ」って
教えてくれたのでライブ会場が開くと同時に席だけ確保してまたこちらのお店に戻りました。



せっかくだからじゃんじゃん沖縄料理を注文しましょ!

まずは「島らっきょうの天ぷら」

塩で頂きます。
ナニ、この甘み!!今回の旅行で一、二を争うウマさでした。



「お刺身盛り合わせ」

デコイチさんはお刺身があれば必ず注文します(笑)
どのお魚も美味しかったです。
・・・とはいいつつ、つまが海ぶどうってのがとにかく嬉しかったワタシ。



ぐるくんのから揚げ(?)

そうそう、これも食べなきゃ!



「島豆腐ちゃんぷるー」

沖縄料理のちゃんぷるーは美味しいなぁ。
炒めるときに入れる何かの出汁が美味しいんだよね。
私が家で作る時はチキンスープの素だけど、沖縄の人は何で炒めるんだろ?



「タコライス」

そうそう、これも食べるチャンスが無かったんだ!
東京でも買えるけど、レトルト買ってきたから近い内に作ってみよ。

ドライバーをしてくれるKさんに甘えて、ビール→泡盛をご機嫌で飲むデコイチさん。
まだまだ飲む気満載のようです(汗)



さあ、それではそろそろライブ会場に行ってみましょうか。



何かのクーポン紙にドリンク無料券が付いていたので、最初は3人分頂きました。
パイナップルジュース、美味しかった!



あ、デコイチさんは早速ビール頼んでたね。
ライブ、ワクワクするねー!



Kさんはマンゴードリンクを。



ライブが始まりました。
りんけんバンドの歌、踊り、演奏、そして途中途中におもしろトーク!!
この方のトークが最高に面白く、ゲラゲラ笑えて楽しかったです!



カッコよかった



このドラマーの男の子、中学三年生だそうです。
小学5年生のころからりんけんバンドに入ってドラムを叩いているとか!
ソロの演奏があったけど、めちゃくちゃかっこよかった!!
ドラムがこんなにカッコいいなんて初めて気づいたよ!
アルバム出たらおばちゃん絶対買うからね〜!!



りんけんバンドの顔といったらこの方、上原知子さんです。
写真はお顔が真っ暗ですが、この写真奇麗で好きなの。

彼女の歌う沖縄民謡は懐かしいような悲しいような温かいようないろんな気持ちになって
心臓が揺さぶられるようで涙があふれます。
民謡の歌詞の意味が全く分からないし、どんな時に歌う歌なのかもわからないのがザンネン。

私たちの前に座っていたグループの方が常連さんらしくノリノリだったので、
つられて私たちもノリノリになれて、
最後は立ち上がってみんなでカチャーシーめいたもの(笑)を踊りまくりました!
笑って、感動しての1時間半。あっと言う間でした〜
来れてよかった!!ホントによかった!!



りんけんバンドの前座で歌ってくれたなゆたちゃん。
デコイチさんが特に気に入り、CDお買い上げです。
上原知子さんプロデュースでデビューした19歳の女の子。頑張ってね!
それにしてもデコイチ(オジ)さん、ビックスマイルだって(笑)



帰りはバンドのみなさんがお見送りしてくれて、気軽に写真も撮ってくれます。
上原知子さん、あんなに存在感があるのに小柄だわ〜。とっても美しかったです。

沖縄に行く人がいたら一度は行ってみてほしい、りんけんバンドのライブ。
ああ〜、楽しかった!!

この後は1時間かけてホテルに戻ります。
Kさん、運転ありがとうございました!!


さあ、いよいよ明日は東京に戻る日。
名残惜しいけど、最後まで満喫するぞー。



2011年12月沖縄旅行 三日目(前編)

JUGEMテーマ:旅行
 
またまた間が空いてしまいました・・・。
今年中に沖縄旅行記が終わりますように!

さて、3日目の朝。
一日遊べる日はこの日が最後です。

お天気はどうでしょう〜??



うん、まずまずかな!
って言うかいい天気じゃない(前日比)?!



この日は前夜お酒を飲まなかったしあったかくして早寝したので元気イッパイ!
オムレツを焼いてもらって、モリモリ朝ごはんを頂きました。

が・・・デコイチさんがベットの中から出られず。
二日酔い??大丈夫??といろいろお世話していたら「朝寝がしたかっただけ〜」だって!
みんな心配してくれたのにねぇ、すみませんでした。

と言うわけで「朝寝がしたかった」デコイチさんと私以外のメンバーは
先に出発して道の駅許田へ。
私たちは後から出発してこの日の最初の目的地「万座毛」で待ち合わせしました。


 景勝地「万座毛」 



琉球王朝時代、尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛したことが名の由来と言われています。
万人が座れるくらい広い草原(毛とは草原のこと)ってことなんだネ!
波に削られた岩が象の様に見えることでも有名です。



断崖絶壁!コワ〜ッ!

青い空、青い海だったらさぞかし美しい風景だったのだろうと思いますが、
さすが有名観光スポット、なかなか迫力がありました。
それにしても海風が強くて寒すぎる・・・のでこちらは早々に退散しました。



お土産屋さんでサータアンダギーを買ってみた。
キッチンペーパーにくるんで渡してくれるところもなんだかホッコリです。


 琉球ガラス「glacitta」 

次に向かうのは、私がどうしても行きたかった琉球ガラスのお店「glacitta」。



(↑お店のサイトから画像お借りしてます。)



琉球ガラスと言うと華やかな色のものが多い中、
こちらのお店のものはだいぶシンプルな感じのようです。

私はこの写真の下の段の透明なグラスを二つ買いました。



デザインも色もシンプルで使い勝手がよさそうなものが多く、
もっと気温が高かったら、見た目から涼をもとめてもっとたくさん買ってしまったかも・・・。



こちらのお店には小さな工房が併設されていて、
昔ながらのスタイルで廃ビンを原料としたリサイクルガラスを使い琉球ガラスを作っているそうです。

琉球ガラスは、戦後の物資がない時代に
アメリカ軍基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を溶かして再生したことから始まる品だそう。
沖縄とアメリカ軍基地のいろんな接点や歴史を感じながら使うと
とっても存在感も重みもあるものに感じます。大切に使おう。



こんな柔らかい雰囲気のものもあるんだー

また沖縄を訪れたら立ち寄りたいお店です。



 「なかむらそば」でランチ 

お昼は国道58号沿いにある「なかむらそば」。

沖縄に来たなら一度は食べたかった本場の沖縄(そーき)そば。
お店もたくさんあって悩みに悩んだのですが、この日の移動に都合がよく、
かつ地元の人にも旅行者にも評判のいいこちらに行ってみました。



外観



店内のテーブル席からは海が眺められます。う〜ん、沖縄だぁ、いいね!



私は「ソーキそば/¥600」を。

あっさりしたお出汁が美味しいやさしい味のスープです。
自家製平打ち麺はつるつる。
こちらのソーキは軟骨じゃないタイプのでした。
こーれーぐーすをたっぷりかけて、紅ショウガも入れて食べるのが好きです。

沖縄そばって、小麦粉100%で作ってるそうですが、
中華麺ともまた違う食感なんですよね。なんでだろ。



クーポンでジューシーをもらいました。たくあん付き。

沖縄伝統の炊き込みご飯、ジューシー。食べてみたかったんだぁ!
こちらもお出汁の味がしてほっとするような味付け。美味しかったです。たくあん、合うね!

おなかも一杯になったので、次の目的地に向かいますよ〜



 読谷村 「やちむんの里」 

なかむらそばから国道58号を南下すること1時間弱。
ここも絶対に立ち寄りたかったスポット、「やちむんの里」は
沖縄の焼物の中でも人気のある読谷村焼の作家さんの作品が直接購入出来ます。



Sくんを熱いまなざしでみつめるワンちゃん。
となりのシーサーとの対比がいいですね〜(笑)



こっちのワンちゃんは日差し対策(?)の専用シェードが。



「これカワイイ〜!!」

15軒ほど工房が点在していますが、
一つ一つをじっくり見ている時間も男性陣の忍耐力もないので(汗)
ビビッと来たお店に狙いを定めて行きます。



やちむんの里の中の工房や販売所は敷地の中でゆったりと配置されていて、
人も思った以上に少なく、静かでとってものんびり出来る気持ちのいい所でした。



こちらはピクリとも動かないネコちゃん。
人に慣れているのか、人に疲れているのか・・・



こちらが九室連房の登り窯「共同窯」。
この窯で焼かれた焼き物を「読谷山焼」と言うそうです。
ちなみに「やちむん」とは「焼物」のことだそうです。



作家さんの住居兼ギャラリーなのかな?
玄関へと続く階段にはトロイの焼物。
一番手前の、か、顔が・・・(笑)



無造作に庭に置かれてるけど、そこがいいな〜



このシーサー(?)本当にこんな色だったのです!



持ち帰る重さや帰ってからの使用状況を考えながら、真剣に見る
・・・のは女子たちだけ〜

一通り見た後、私は入口近くで最初に入った陶芸家島袋常秀さんの
「常秀工房」でいろいろお買い物をしました。

もう心わしづかみの柄や色づかいのもの満載で、悩んで悩んで選んできました。
アドレナリン出過ぎて頭痛くなったくらい(笑)



買ったものの一つがこちら。
外に置いてあったアウトレット品の中から掘り出しました(笑)

豚キムチ丼を盛り付けただけなのに、ナニこのオサレ感!かわいいっ!!
先日NOKIちゃんが「北欧っぽくもある」と言ってましたがホントそんな感じ。

あーあ、もっと買ってくれば良かったと今更ながら後悔しています。
次回沖縄を訪れたら絶対に絶対に立ち寄りたいと思います。
次はね、お魚柄のが欲しい〜

琉球ガラスに読谷村焼き。
沖縄伝統の工芸品に沖縄の風土の中で触れられて、
なんていうか土地のパワーも入ったものを家に連れて帰って来れた感じ。
使うたびにやちむんの里の風景を思い出させてくれそうです。


さて、3日目前半はここまで。
後半は沖縄の夜を締めくくるのにピッタリな過ごし方をしちゃいまっす!


つづく





2011年12月沖縄旅行 二日目(後編)

JUGEMテーマ:旅行
 
年末ですね。
お気楽主婦の私でさえも時間の過ぎるスピードが速く感じられて気が焦ります。
なんだろうね、この年末のアワアワ感(笑)

今日本当はコストコにお買いものに行こうと思ってたのだけど、中止〜
お家で沖縄旅行記の続きを書きます。
それからアイロンと家計簿と常備菜作りして銀行行って、
クリスマスメニューのメニューを考えて材料の書き出しして。
年賀状の下書き考えて、あ!年賀状買いに行かなきゃだ。

年末だからキッチンとお風呂を磨かなくてはならない気もしないでもないけど、
4月に越してきたから1年経ってないしぃ〜、いっか!

と、つぶやきはこれくらいにして沖縄旅行記の続きです。

========================================

 「CAHAYA BULAN」でランチ 

2日目の美ら海水族館の後は、お昼ご飯を食べることになりました。
水族館から車で5分もかからないところにある「CAHAYA BULAN」に行ってみることに。
沖縄で行きたかった一つが「海カフェ」なんですが、ここもいわゆる「海カフェ」。
ガイドブックにも載っているので観光客向けではありますが、
事前に情報収集した感じだととっても素敵そう。



入り口の看板。オサレカフェな雰囲気。

「備瀬集落入口広場」に車が無料で停められます。
カフェは一番奥の右手なので、ぐぐっと奥まで車を持っていきましょう。



ランチメニュー。
メニューは少ないけどなかなか美味しそうだし、なんといっても寒いから入りましょうか!



これはガジュマルの木かな?
この木々をくぐり抜けて、



下っていくとお店の入り口があります。



(画像はお店サイトからお借りしました)

店内はこんな感じでアジアンリゾートな雰囲気。



店内からは青い空青い海が見えた・・・ハズだったのですがあいにくのお天気。
奥に見えるのは伊江島だそうです。



「ラフテー丼/¥900」

男性にはちょっと物足りない量かもしれません。



「アジアンそば/¥800」

写真はそば大盛り(+¥150)
麺は沖縄そばの麺ですね。



同じくアジアンそばですが、+¥300で海ぶどうトッピングゥ〜!



海ぶどうがしなしなにならない内に早く食べなきゃっ!
プチプチとしながらも昆布特有のヌルっとした食感がタマラナイ。ああ幸せ。
このアジアンそば、トッピングの鶏肉も香ばしく焼かれていてとっても美味しかったです!

カフェなので、ドリンクやスイーツメニューは豊富だったのですが、ここではとりあえずお食事だけ。
観光客向けのお値段ではありますが、ゆったり落ち着ける素敵なくカフェでした。
お天気のいい時に再訪したいなぁ。サンセットも見たい。



 「ラ・ティーダ@ブセナテラス」でティータイム 


ランチ後はホテルの方に戻りました。
・・・途中ショートカットしようとしたら気づけば元の道に出てしまったという失態もありましたが(汗)
地元のスーパー「タウンプラザかねひで」に寄って地元価格、地元目線のお買い物を楽しみ
なんとか次の目的地「ブセナテラス」へ到着。

沖縄サミットが開催された「万国津梁館」に隣接しているこのリゾートホテルは
ザ・テラスホテルズの第一号ホテルだそうです。

建物に一歩踏み入れたところからステキ満載のホテルだったので、
写真が多くなりますがご勘弁くださいな。






正面玄関へと続くアプローチも



メインロビーに飾られたシックなツリーも



天井が高く解放感がある広々としたロビーも



こんな場面も



他にもこんなクリスマスデコレーションがあったり



もう素敵過ぎ。鼻息荒くなっちゃう!フガフガ!
アジアの高級リゾートホテルの様な空間です。



カフェ「ラ・ティーダ」はロビーから降りたところにあります。
さすがにこの時期、お客さんはとっても少なくてほぼ貸切状態。



カフェのツリーもゴテゴテしてなくて素敵だわぁ・・・



窓からはプールと海が。



ブーゲンビリアも咲いてます。



ああ、本当に日本じゃないみたい・・・



お茶やケーキを頂きました。
私はハイビスカスティーだったかな?
食器もハイセンスだわ〜
お茶も美味しいわ〜



たくさん種類のあるケーキのなかから栗のロールケーキ(だったかな?)を。

これがまた美味しくて!
スポンジ部分には洋酒が効いたシロップがじゅわっと。
中のフルーツとクリームのバランスも絶妙。



ライトダウンの時間になったようで、テーブルにはキャンドルが灯されました。



ゆっくりまったりいつまででもしていたいのですが、
この日はなんとこの冬一番の寒波が到来していたようで寒くて寒くて・・・
なのでホテルに戻ることになりました。

私のPCには「泊まりたいお宿リスト」がお気に入りに入っているのですが、
もちろんブセナテラスもリスト入りです。
同じ系列の恩納村にある「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」もいいな!



絶対今度沖縄に来たらここに泊まるぞぉ!
頑張ってマイレージ貯めよっと!


 「鉄板BBQ ハウディ―@オキナワマリオット」でディナー 

ホテルに戻った後は夕食の時間まで各々過ごしました。
私とデコイチママは冷え切った体を温めるべく、ホテルのバスタブにお湯を張り読書しながら足湯。
デコイチさんはホテルのプールに泳ぎに行ったり。

夕食はホテルのレストラン「鉄板BBQハウディ―」にてデコイチパパがご馳走してくれました!



自分の好きなものを取って来て、



お鍋も作れます。



テーブルでジュージュー。

牛豚鶏、野菜にちゃんぷるー用の麺に、アメリカンタコスにデザートまであります。
お鍋のスープは4種類くらいあったような。
デコイチさんが「豚肉うまいね〜」って言ってたけど、どうやら「やんばる豚」だったようですヨ。

お腹いっぱい食べて体もポカポカに。
この夜も2次会がありましたが、さすがに初日の勢いは無く早めに解散になりました(笑)

それにしても寒い一日だった。
まさかここまで沖縄が寒いとは7人誰も思ってなかったはず。
12月の雨の沖縄、侮るなかれ。


3日目に続きます。





2011年12月沖縄旅行 二日目(前編)

JUGEMテーマ:旅行

二日目の朝。
沖縄で迎える初めての朝。
・・・は二日酔いでお目覚めでした(悲)
 


もそもそ起きてバルコニーからお天気チェック。
写真ではなかなかのお天気に見えるけど、やっぱり曇り。
雨が降りませんように。

デコイチパパに「翌ケロ(これ効くと思う)」をもらって、たくさんたくさんお水やらお茶やら飲んで
「出ていけ出ていけアルコール」運動です。



朝食ビュッフェもおかゆちょこっと、サラダと後はお味噌汁に
水水コーヒーコーヒーコーヒー!
早く出て頂戴っ!アルコールッ!



朝食後ロビー集合です。
ロビーはクリスマス仕様。



大きなツリー。



ポインセチアにイルミネーション。



・・・そして水分。出ていけ出ていけ以下同文(笑)

さんぴん茶はジャスミン茶で利尿作用ばっちり☆
うっちん茶はウコンです。ウコンを薄めた味であんまり好きじゃない・・・けど、
二日酔いには間違いなく効くお茶だと思うの!

最近我が家では二日酔いには「陀羅尼助丸」を愛飲してるけど(へパリーゼより効くと思う)、
このうっちん茶と翌ケロは常備しておきたいカモ。
お取り寄せしようかしら〜。



寒いけど、大きなハイビスカスの花がキレイに咲いてます。



じゃあそろそろ出発しましょう。
この日の目的地は「美ら海水族館」です!

今回の旅行は7名なので車は2台借りました。
7名全員が免許持ってるのに、内3人がペーパードライバー(ワタシ含む)。
ドライバーの皆さま、ありがとうございました〜!




美ら海水族館の割引券はコンビニや空港などでも売ってますが、
通り道の道の駅許田で購入するのが一番お得だそうです。
通常¥1800がここで購入すると¥1550でした。

「道の駅許田」は沖縄で道の駅第一号だそうです。
手作りのお惣菜やお味噌、炊き立ての黒糖、沖縄の野菜などなど
魅力いっぱいのラインナップ!
フードコートも充実してるので美ら海水族館に行くときはぜひともお立ち寄りを。


 「美ら海水族館」へ 

美ら海水族館」は「海洋博公園」の中の施設のひとつ。県営なんですね。
そしてデコイチママから聞いてはいたものの、本当に敷地が広い。
美ら海水族館にまっすぐ行きたい人は駐車場に注意ダヨ!
北ゲートのP7が一番近いです。

ホテルからは一時間くらいで到着です。



駐車場から入り口まで少し歩きます。
イルカさんがお出迎え〜・・・なんて呑気なことを言ってる場合じゃないくらい、寒い
本来なら涼を取るための霧効果なのに、見た目で体感温度が下がる(笑)



パ、パパ・・・お背中にダンディズムが漂ってます!



入り口に到着。



チケット、みんな受け取りましたか〜?
ではいざ入館。



「イノーの生き物たち(タッチプール)」

ヒトデやナマコなど実際に触ることが出来ます。
かまれそうで恐かった・・・。
ナマコも初めて触った!フワフワだったけど、何か出されそうで怖かった・・・。

いやあ、出だしから心をグイグイ掴まれました!



入り口から順路に従って歩いていくと、4階→1階にと気づけば下っている作りになっています。
海遊館もそんな感じだもんね。

やはり沖縄!熱帯のお魚やサンゴなどが多かったと思います。




ウツボ・・・白目だから怖いんだな。



「美ら海水族館と言えば!」なこの大きな水槽を悠々と泳ぐジンベイザメの図。
近くで見るのもいいですが、水槽前にある座席に座って正面から映画の様に眺めるのもお勧め。
ぼおおっといつまででも居られそう。
水槽にいる人はお掃除の人だそうで、アクリルパネルを内側から丁寧にお掃除していました。

ちなみに。

「カフェ オーシャンブルー」

水槽に隣接する「カフェ オーシャンブルー」では軽食を頂きながら間近で水槽が眺められます。
が、激戦区。さらにみんな長居するため回転が悪い。
水槽際の席をゲット出来たら超ラッキーですね。
席を取ってからの注文だそうですヨ。

「ジンベエザメの餌付け」 15:00/17:00

ジンベエザメが立つんですって!
その数分後にマンタの餌付けも行われるそう。
さらに餌付け前はお魚たちがそわそわし始めて動きが活発になるとか。
次回はベスポジ確保で狙いたい。

「美ら海シアター」

今回スルーしてしまったのですが、1日9回程度上映されているそうです。
詳しい解説はもちろんのこと、映像が流れる前のスクリーンは大水槽の2階に当たる部分なので、
目の前をジンベエザメが横切ることが非常に多いそう。
隠れた見学スポットだったんだ・・・残念。

あ、お姉ちゃんとこのチビ之助が好きな「サメ博士の部屋」も見そびれたな。



ジンベエザメモニュメントの下で記念撮影。
このジンベイザメは実物大なんだろうか・・・大きいね。

水族館以外にも、オキちゃん劇場、イルカラグーン、マナティ館、ウミガメ館などなど
周辺には楽しそうな施設がたくさんあります。
海洋博公園の施設もいろいろあるし、一日いても十分楽しめるスポットです。

また来るぞーー!

次はランチへ向かいます。


つづく



2011年12月沖縄旅行 一日目

JUGEMテーマ:旅行
 
携帯からちょこちょこ更新してましたが、
デコイチファミリーで沖縄に行ってきました〜!
年末の忙しいこの時期にフルメンバーで参加。お仕事の調整、皆様お疲れ様でした!

今回は航空券+ホテルのパックツアーで参加です。
ワタシ、もしかして羽田空港って初めてかも・・・と気づいたのは出発数日前。
でもまあ国内線だしー、デコイチはきっと分ってるだろうしー
と余裕で行ったらターミナルを間違えて慌てて大移動をぶちかましたのでした(涙)

・・・ちなみにデコイチさんはその時お仕事の事で頭がイッパイだったので
「羽田は初めて」って言ってる私の後を黙々と着いてきていたのでした・・・。

そんなこんなでバタバタでチェックインをすませ、慌てて買ったお弁当がお昼ご飯。
沖縄までのフライトは3時間ほど。結構乗るんだなーって思いました。



空弁工房にて 「おこわ弁当/¥850」

地味〜な感じだけど(失礼)美味しかった!



こちらも空弁工房にて 「焼き鯖寿司/¥1250」

ボリューム満点。こちらも美味しかったです。

ちなみに。
第一(JAL)と第二(ANA)は雰囲気、お店の数、お弁当の種類もろもろ違いすぎ!
今回はJAL使用だったのですが、ANAの方はフロアもキレイでお店もたくさんあって、
空弁工房でのお弁当の種類も違うようです・・・。
羽田空港さん、差をつけるのはやめてください(悲)。

そして機内ではカップの飲み物と飴のサービスのみでした。飴か・・・。
同じ3時間程度のフライトで国際線は食事が出るんだから、国際線ってスゴイんだなぁ。



実は前日仕事が終わらず、出発当日の4時ごろタクシーで帰宅したデコイチさん。
常々「飛行機の中が一番眠れる」と言っている彼ですが、
この日はことのほかよく眠れたのではないでしょうか(涙)



そして那覇空港に到着!
バゲージ・クレームではシーサーがお出迎え!と激写したら、シーサーじゃないね、きっと(笑)
し、獅子舞??

到着ロビーに出てみると、もわっとじめっと暑く、南国に来た!感があがります。
今思うとこの時が一番南国気分を味わえた体感温度だったのかも・・・。

義兄Sくんは一日先に帰る都合上、違うフライトだったので少し待って合流。
その後レンタカーを借りるため、送迎バスに乗り込みレンタカー屋さんに向かいました。
空港からの道が混むので、送迎バスに乗ってからレンタカーを借りて出発するまで
1時間くらいかかったのではないでしょうか。

そしてこの日の予定、まず目指すのは「首里城」!!


 首里城」見学 

Memo : 入城料 ¥800/人、 駐車場代 ¥310/台 



「守礼門(しゅれいもん)」

「守礼」は「礼節を守る」という意味で、門にかかがられた「守ネ豊之邦(しゅれいのくに)」は
「琉球は礼節を重んずる国である」という意味だそうです。



「瑞泉門(ずいせんもん)」

お天気悪いですね〜。

「瑞泉」とは「立派な、めでたい泉」と言う意味だそうです。
門の手前右側にある湧水が「龍樋(りゅうひ)」と呼ばれ、それにちなんでこのように名付けられたとの事。
「龍樋」・・・風強くて寒くて、目に留まらなかった・・・。



「漏刻門(ろうこくもん)」

あ、電話してる人がいる。 そして風が強いの分ります?

「漏刻」とは中国語で「水時計」という意味だそうで、
門の上のやぐらに水槽を設置し、水が漏れる量で時間を計ったといわれています。




「広福門(こうふくもん)」

まだ電話してる。 そして雨が降ってきました〜。

「広福」とは、「福を行き渡らせる」という意味だそうです。
建物そのものが門の機能を持っていて、この形式も首里城建築の特徴だそう。




(photo by Sくん)

正殿前で記念撮影。
お天気悪いけど、やっぱり赤がキレイだわ〜!




沖縄の歴史は調べてみると本当に独特で。
450年の琉球王国時代が長いのか短いのかは分らないけど、
日本ではない独立した国家だったのですよね。



北殿は2012年2月いっぱいまで漆塗りの修復作業中だそうです。
ここまでは無料エリアです。



南殿・番所から見学スタートです。

この写真は北殿内らしい。
確かお正月の王様への挨拶の光景を再現したミニチュアだったかと・・・
正殿の前ですね。



夕食の予定があるので、そろそろ首里城を出発しましょう。



(Photo by DEKOICHI)

後ろの女子高生にピントが合ってなくてよかったぁ(笑)


 「美ら花 名護店」 で沖縄料理 

宿泊するホテルは「オキナワマリオットリゾート&スパ」だったので、
食事はホテルから近い方がいいだろうなぁと
いろいろ探して評判がよかった「美ら花 名護店」に予約を入れておきました。



首里城からは高速利用で1時間弱。許田IC降りてすぐの沖縄料理居酒屋です。



まずはオリオンでしょ!
(・・・飲んじゃってるね。ガマン出来なかったんだね。)



お通しは「ゆし豆腐」。沖縄っぽい!

人数も多い事だし、じゃんじゃん沖縄料理注文しちゃいましょ。



「海ぶどう」

う、うっまーい!!!
こんなに海ぶどうって美味しいものだったの??
沖縄に来てよかったって早速思った(笑)



「人参しりしり」



ビールの後はやっぱりコレでしょ。
お店のお兄さんお勧めの泡盛「美しきふるさと」。

飲みやすすぎてヤバいです。



そして二本目(!)は「久米島ブラウン」

こっちはガツン!と泡盛っぽい。
好きだ好きだ好きだ!



とグイグイ飲んでご機嫌に〜



「海ぶどうサラダ」



「ひらやーち」



「豆腐よう」

これ以外にももっともっと頼んで食べまくりました!
このお店、観光客向けらしいのだけど、お料理は美味しくてリーズナブル。
が・・・、後でわかった事ですがお酒が猛烈に高い(涙)
上の焼酎2種は現地スーパーで¥600弱。ここでは¥3100・・・!
み、水モノめーー。



デザートまで食べて飲んでおしゃべりして楽しい時間を過ごしました。



外に出てみると道路工事用の灯を搭載した車が。



初めて見たー。クラゲみたいでなんかかわいい。



レストランの向かいにはコンビニがあります。
ここで飲み物やらを入手して・・・



二次会(笑)!@ホテルの部屋

どんだけ飲むんだ(笑)
夕食の時に残ったので持ち帰った泡盛は瞬く間に無くなり、すぐさま追加の焼酎登場。
(ホテル内にコンビニがあります。便利でした!)
この日私はヒジョーに調子がよく、お酒がスイスイ入りとってもご機嫌さんな夜を過ごしたのでした。

・・・翌日の二日酔いのことなんて思いもよらなかった・・・



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座